富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ(8)

Y Combinator(YC)の企業を抱えた2019年の冬クラスは200社以上が参加し、これまでのYCで最大の規模になった。私たちはその場に参加し、それぞれのクラスの話を聞きながら、見たもののメモを持ち寄った。以下に紹介するのは米国時間3月18日にピッチが行われた86社のスタートアップだ。

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ
・Part 1:パイオニアステージ(1)
・Part 2:パイオニアステージ(2)
・Part 3:パイオニアステージ(3)
・Part 4:パイオニアステージ(4)
・Part 5:ミッションステージ(1)
・Part 6:ミッションステージ(2)
・Part 7:ミッションステージ(3)
・Part 8:ミッションステージ(4)※この記事

ミッションステージ

Heart Aerospace
2025年までに商用飛行機として認可されることを目指す、電気リージョナルプレーン「ES-19」を製造。その飛行機には19人の客が乗ることができる。創業者のAnders Forslund博士は、飛行機の設計で博士号を持っている。すでに航空宇宙関連企業から16億ドルに相当する、署名入り引き合いを受け取っている。

Windsor
企業内の個別のアプリケーションデータサービスを接続するプラットフォームを開発している。同社はこうしたデータを結び付けて、ランタイムイベントのタイムラインを作成し、顧客に対して何が起きているかをよりはっきりと示すことができる。

CareerTu
米国在住の中国人学生をターゲットにしたWeChatベースのオンラインデジタルマーケティングスクール。CareerTuは米国での仕事で成功するために必要なスキルに欠けた学生を助けることを狙っている。ローンチからの1年間で、このスタートアップは16万人のユーザーから70万ドルの収益を上げており、利益を出している。同社は中国内の中国人学生を支援するために拡大を行う予定だ。

Convictional
消費者直販企業が、大規模小売業者により簡単にアプローチできるようにする。1つのサプライヤーが、小売業者との関係を築いて、自社製品の販売を開始できるまでには多くの時間がかかる。Convictionalは、B2Bセルフサービスコマースプラットフォームを作り、小売業者たちがブランドに接触し注文を行うことをより簡単にできるようにすることで、さまざまな手続きを加速したいと考えている。

Dockup
開発者の時間を節約するために、エンジニアリングチームのためのオンデマンドステージング環境を作成する。FacebookやGoogleなどの大企業たちは、ステージングを拡大するために数百万ドルを費やしているが、小規模スタートアップたちはステージングで躓いている。今月4社の有料顧客でローンチしたDockupは、これらのステージングの頭痛を軽減するだろう。

Thrive Agric
ナイジェリアの小規模農家が、農作物の栽培や農産物の販売を行えるように、クラウドファンディングの融資を受けられるように支援する。同社はこれまでに1万4000の農家と協力してきたが、2022年までにアフリカ全土で100万人の農家と協力する計画である。それは540億ドルの市場規模が見込まれるという。

Skill-Lync
インドの大学生たちが、勉強していた分野で仕事を得ていないという事実に取り組もうとしている、もう1つのYCスタートアップである。スタートアップは、機械工学科の学生をターゲットにしているが、同社は時代遅れの大学のカリキュラムを補うことのできる、オンラインコースのセットを持っているのだ。チームはすでに2800人の学生を教育しており、毎月8万2000ドルの収益を得ている。

Rebank
任意の銀行または複数の銀行で同時に使える、ビジネスバンキングのための自動化ツール。Rebankは「バンキングをハッキングした」と主張していて、現在40社がこのツールを使用して時間を節約している。Rebankはサブスクリプションモデルの下で運営されており、そのプラットフォームへのアクセスに対して、月額50ドルの課金を行っている。

AXDRAFT
このスタートアップは、何度も何度も記入しなければならないドキュメント作成を自動化するのに役立つソフトウェアを開発している。中小企業が日常的なドキュメントの草案を書き内容を確認する手間を減らす役に立つ。同社は、契約書のためのソリューションから始めている。そこではスタートアップがドキュメントを素早く無料で埋め、一方その契約書をレビューし、内容が十分に整っているかどうかをレビューするために25ドルを請求する。

Glide
Webページやモバイルアプリの構築を容易にするサービスに向かう、非常に大きなトレンドが存在している。Glideを使用すると、顧客はGoogle Sheetsページから適切にデザインされたモバイルアプリを簡単に作成することができる。これにより、ページを簡単に作成できるだけでなく、サイト上の情報を最新の状態に保つために必要なスキルも単純化される。

Boundary Layer Technologies
水中翼船を用いた高速コンテナ船。ハイテクを採用したその船は、航空便にも対抗できる輸送時間を、遥かに安価に提供することを可能にする。同社はわずか10週間の期間と15万ドルのコストでプロトタイプを作成し、Flecportからは、ロサンゼルスと上海の間を往復する船の建造を行うという基本合意書を得ている。

←前の記事へ

[原文へ]

(翻訳:sako)