富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

TRON創設者ジャスティン・サンがバフェットランチの過剰マーケティングを公に謝罪

TRON創設者ジャスティン・サンがバフェットランチの過剰マーケティングを公に謝罪

仮想通貨TRONの創設者であるジャスティン・サンは、先日開催の延期を報告したウォーレン・バフェットとのランチ会についての過剰なマーケティング活動に対し、SNS上で謝罪した。

誠意を込めて、ユーザーの皆さん、メディア、役人および規制当局に謝罪いたします。
バフェット氏と共にランチをとることの私の意図は、彼への憧れと慈善団体に対する私の熱意のためでした。そしてブロックチェーン業界と私のプロジェクトを促進することも重要な課題でした。

しかし私の未熟で、浅はかで、衝動的な行為が暴走し、過剰に宣伝を行い、一連の予期せぬ結果を招いてしまいました。

私は、これまでのプロセスでワクワクする気持ちや、不安、苦悩、恐怖、そして後悔に至りました。…公衆に悪影響を与えてしまい、規制当局による私への懸念を引き起こす結果となってしまいました。

もう一度申し上げます。申し訳ございませんでした。

彼がどこの規制当局に言及しているのかは明らかではないが、謝罪文の中で「規制当局」という言葉を13回も用いている。
現在のところ、バフェットランチ会の過剰マーケティングに関することは、Weiboでの謝罪のみである。

ジャスティンは、過剰なマーケティングの問題を検討するため、今後は行き過ぎた発言を抑えていくと述べた。