富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

PayPayがファミレス進出に足がかり、ガストやバーミヤンの宅配で利用可能に

コード決済サービスを提供中のPayPayは5月28日、すかいらーくグループとの提携を発表した。同グループのガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、藍屋、魚屋路の宅配サービスを実施している全国1030店舗で、6月6日からPayPay決済が利用可能になる。

今回対応するのはあくまでも宅配時の決済のみで、店舗での飲食については使えない。

決済方法は、利用者のPayPayアプリで宅配スタッフが提示したQRコードを読み取り、利用者自らが金額を入力して決済する、いわゆるユーザースキャン方式。この方式は、既存のPOSレジなどに改良を加えることなく導入できるため、主に中小の飲食店などで利用されている方式だ。

宅配可能な店舗はすかいらーくグループの宅配ポータルサイト「RAKURU」で検索できる

すかいらーくグループなどのファミレスチェーンは、クレジットカートや各種電子マネーでのキャッシュレス決済に対応している店舗がほとんどだが、コード決済が利用できる店舗は限られていた。つまり、コード決済サービスを提供する各社がいまだ本格進出できていない業界だった。ちなみに、コード決済以外に電子マネーのiDを使えるメルペイについては、すかいらーくグループで使える20%還元クーポンを配布していた(現在は終了)。

メルペイでは5月26日まで20%還元のクーポンを配布していた(現在は終了)

まずは宅配のみとはいえ、PayPayがファミレス業界への進出の足がかりを作ったことで、今後の各社の動きに注目だ。なお、PayPayでは対応時期は未定ながら、すかいらーくグループのファミレスの店舗内での決済についてもPayPay対応を表明している。

一方のファミレス業界では、7月1日に導入されるセブン&アイ・ホールディングスの独自コード決済である7payが始まると、同ホールディングス系のファミレスであるデニーズが7payをはじめとするとコード決済に順次対応すると思われる。こちらの業界でも、どこが真っ先にコード決済への対応を果たすのか気になるところだ。