富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

MacBook Pro新モデル発表。8コア Core i9初採用の歴代最速モデル

アップルが8コアの第9世代Coreプロセッサーを搭載する15インチMacBook Proを発表しました。これにともない、6コアの2.2GHz Core i7搭載モデルは姿を消しています。また、13インチのTouch Bar搭載モデルもCPUをアップデートしました。

変更点は15インチMacBook Proのほうが、2.3GHz(Turbo Boost時最大4.8GHz)の8コア Core i9プロセッサーを搭載し、オプションでさらに2.4GHz(Turbo Boost時最大5.0GHz)が選べるようになりました。

なお、トラブル続きで不評だったバタフライキーボードは、新モデルではスイッチに新素材を採用した新世代となっているとのこと。 

一方で、13インチMacBook Pro Touch Bar搭載モデルも若干ながらCPUのアップデートが入り、2.3GHz(Turbo Boost時最大3.8GHz)の4コア Core i5が、2.4GHz(Turbo Boost時最大4.1GHz)の4コア Core i5に更新。オプションでは2.7GHz(Turbo Boost時最大4.5GHz) 4コア Core i7が、2.8GHz(Turbo Boost時最大4.7GHz) 4コア Core i7に変わりました。

こちらの価格は、2.4GHz Copre i7モデルが19万8800円からとなっています。 

 

Engadget 日本版 2019年5月22日「速報:MacBook Pro新モデル発表。8コア Core i9初採用の歴代最速モデル」より転載。

 
 

【関連記事】

韓国政府がLinux採用へ?コスト削減ねらう計画発表

ついにiPhoneでもSteamリモートプレイが。iOS版Steam Linkアプリが1年越しで公開

ファーウェイ、今秋にもAndroid代替の独自OS採用製品を発売?スマホ以外にも搭載の可能性

約15cm角。小型の法人向けChrome OS搭載デスクトップPCがエイサーから