富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

iOS 13はダークモード搭載か、スクリーンショットが流出

9to5MacのGuilherme RamboがiOS 13の最新スクリーンショットを入手した。見た目はこれまでのiOSと変わらないがひと工夫加わっている。システムレベルのダークモードが追加され、夜でも見やすくなった。Apple(アップル)はiOSの新バージョンを、米国時間6月3日に開催されるWWDCの基調講演で発表する見込みだ。

iOS 13では、ユーザーは設定アプリまたはコントロールセンターでダークモードをオン/オフできるようになる(設定アプリでコントロールセンターにボタンを追加する必要があるかもしれない)。

9to5Macが入手したスクリーンショットは以下のとおり。

見てのとおり、ホーム画面は下端のドック以外ほとんど違いがない。しかしミュージックアプリは大きく変わり、黒の背景に白いテキストが書かれている。下端のタブバーも透明な白から透明な黒に変わった。ボタンとリンクには引き続き赤が使われているため、やや見にくくなっている。

ダークモードを有効にすると、OSレベルのユーザーインターフェース部品も変化する。例えば、スクリーンショットを撮ったあとサムネイルをタップしたとき上端と下端のメニューがダークになる。サードパーティーアプリの開発者もダークモードに対応する必要がある。

Ramboは、新しいリマインダーアプリのスクリーンショットも載せている。メニューが、Today、Scheduled、All、Flaggedの4つに分かれ、ユーザーインターフェースも一新された。

さらに9to5Macは、先日スクープした新アプリ「Find My」のアイコンを掲載して情報を裏付けた。アップルはFind My Friends(友達を探す)とFind My iPhone(iPhoneを探す)を1つのアプリに合体させる考えだ。

噂によるとiOS 13ではほかにも基本的な変更があるらしい。アップルは同一アプリのウィンドウを複数開けるよう計画している。そうなればユーザーは複数のドキュメントや複数の会話を同時に見ることができる。これはiPadユーザーにとって特に重要な機能だ。

Safari、メール、フォント管理、音量表示、キーボードなどにも小さな変更があるようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook