富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

DAZN、ヤクルトと広島カープのホーム戦は「放映権が取れなかった」 サイトからロゴが消えファン困惑

スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN」から、プロ野球・ヤクルトと広島の球団ロゴが消えたーー。

2019年シーズン開幕を前に、プロ野球ファンの不安が広がっている。

ハフポスト日本版が2月28日、DAZNに取材したところ、2019年は両チームのホームゲームの放映権が獲得できなかったことを認めた。

ヤクルトと広島のロゴが消えたページ

■球団ロゴが消えた!

DAZNは国内外のサッカーやバスケットボールなど、スポーツを専門にネットで有料配信をしている。2018年からはプロ野球を大幅に拡充し、読売ジャイアンツを除く11球団のホームゲームを中継していた。

しかし、2019年シーズンの開幕を前に、DAZNのホームページから東京ヤクルトスワローズと広島東洋カープの球団ロゴが消失。

ネット上では「次年度以降も放送があるのか」とファンの心配する声が上がっていた。

■ヤクルトと広島は放送せず...巨人との交渉続く

DAZNの広報担当者は2月28日、ハフポスト日本版の取材に対し、「今年は非常に残念ですが、東京ヤクルトスワローズ、広島カープのホーム戦権利獲得が叶いませんでした」と回答した。

このため、DAZNでは2019年シーズンはパ・リーグは6球団全ての試合が見られるものの、セ・リーグは拡充からわずか1年で2球団の離脱が決まった。

セ・リーグでは今のところ、横浜DeNAベイスターズ、阪神タイガース、中日ドラゴンズのホームゲームのみを観戦できることになる。

それに加え、これまで放送できなかった読売ジャイアンツの試合についても2019年シーズンの放映権獲得を目指し交渉を続けている。

ただ、権利が獲得できるかは不透明で「現時点で公式にお伝えできるものはありません」としている。