富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

Bakkt (バクト)提供のビットコイン先物、第3四半期に正式ローンチ予定

Bakkt (バクト)提供のビットコイン先物、第3四半期に正式ローンチ予定

ビットコインの現物先物取引の提供を予定しているBakktが第三四半期(7月から9月)にローンチを予定していることがわかった。

Bakktは7月22日からユーザーの受け入れおよびテスト開始を予定している。Bakktの親会社は、ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)であり、ニューヨーク証券取引所もICEの子会社である超大手企業。
このような金融の最前線を走っている企業が去年からスタートさせたのがBakktである。先物取引のテストは去年から予定されていたが、延期となっていたが、ようやくスタートした。

Bakkt(バクト)、ビットコイン先物のテスト開始日が「7月22日」に決定|ビットコインはわずかに上昇

2019.06.14

このBakktが取引を開始することにより、ビットコインETFと同様にかなり強いファンダメンタルだと見られている。

Bakktがローンチされることにより、以下のようにユーザーや投資家は恩恵を受けることが可能となる。

  • 投資家の安全性がかなり高く、投資家保護が進む。
  • BTC先物取引という事で、実質的にBTCの取引が証券法に準拠して行われる。
  • ICEプラットフォームで行われるため、透明性の高い取引が可能となる。

このようなメリットが挙げられ、ビットコインの取引高の増加と価格上昇が期待される。また、今後は機関投資家の更なる参入が期待され、より金融商品としての地位を確立していくことが予想される。