富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

7つの習慣を実践して、得られるものとは

ビジネスの世界で成功するためには物事を効率化し、習慣化することが大切です。しかし、自分のこれまでの行動を見つめ直して習慣化するのは難しいものです。そこで、スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」のメソッドをマネてみるのはいかがでしょうか。この本の内容を実践すれば、さまざまな幸福を手に入れることができるといいます。毎日の行動がよりよくなる7つの行動を生活習慣に取り入れることで起きる変化があるのです。

7つの習慣の考え方

memo
(提供=J.ScoreStyle)

7つの習慣の内容をひとことで表すと、「成功のカギは自分の人格にある」ということ。コヴィー博士は、自分の人格を磨くことを人格主義と呼び、一方で表面的なテクニックを磨くことを個性主義と呼んでいます。

しかし人格を磨くことは簡単にできることではありません。そこで必要になるのがこの本で提唱されている「7つの習慣」です。簡単にその内容をご紹介します。

7つの習慣

第一の習慣 主体的であること いつも自己責任の意識を持つ

第二の習慣 終わりを思い描くことから始める なりたい自分をイメージしてから動

第三の習慣 再優先事項を優先する 重要度が高く緊急ではないことにリソースを割

第四の習慣 Win-winを考える すべての人がメリットを得られる選択をする

第五の習慣 理解し理解される 相手の話に共感し傾聴する

第六の習慣 シナジーを起こす 個々が全力を出し「1+1=3」のエネルギーを生む

第七の習慣 刃を研ぐ 自分を高める努力を惜しまない

上記のように他人のせいにしない、ゴールを設定してから動く、自分にとって重要なことに時間を割く、といったように、上記の7つを意識して生活していくことで、人格を磨く7つの習慣が身につきます。

小さな習慣を実践しよう7つの習慣をすべて身につけようとしても、すぐにすべてを習得するのは難しいもの。そのため、まずは「一人でも実行できる」ことを習慣化するところから始めましょう。

・まずは「ゴール」を設定する

計画を立て、その通りに実行する。簡単なようで難しいこの習慣こそが第1ステップです。最初に達成したい目標を立てましょう。目標達成はつまり「ゴール」です。

今回は転職のために取得したい資格試験合格をゴールとしました。ゴールを設定してそこに向かう思考を身につけましょう。

・目標までのタスクを設定する

ゴールを実現するために、タスクを設定します。資格試験合格のために、毎日何をする必要があるかを考えます。計画を立てる際にやってしまいがちなのが、「1日30ページ参考書を読む」のように厳しめのタスクを設定してしまうことです。実現可能性の低いタスクを定めてしまうと、取り掛かるためのハードルが高くなり、毎日続けることが大変になります。まずは続けることを意識して、「参考書を開く」のようにできる限りタスクは簡単にできることにすることをおすすめします。やる気は行動しないと出てこないと言われているので、行動へのハードルを最低限にしてしまうのです。

・時間を管理する

ゴールとタスクを設定したら、次にそこへ向かうために毎日何をすればいいのかを考えます。毎朝、1時間区切りの予定を立て、タスクを整理していきます。スケジュール帳やタスク管理アプリを使ってわかりやすく書き込んでみましょう。

通勤や食事など、生活する上での必須事項以外に「最優先事項」を入れてください。

・毎日予定を書く、実行する、を繰り返す

起きたら予定を書く、予定をこなす、これを繰り返していきます。毎朝、前日自分の書き込んだ予定を見て「できなかったこと」をチェックしてみましょう。例えば「刃を研ぐ時間が思うように取れなかった」「この時間よりも別の時間でやったほうがいい気がするから今日は変えてみよう」というように、やりやすい方法を探ってください。しばらく続けていくと、自分なりの習慣ができ上がります。

・習慣による変化

これらを実践していく中で、生活にいくつかの変化が生まれていることに気が付きます。まず、毎朝予定を立てることで一日の時間の流れが自分の中で明確になります。朝起きる、考える、学習する、仕事をする、体を動かす、また学習する。この一定のリズムに乗ることで、「やりたいことがやれなかった」「時間を無駄にしてしまった」というような後悔が減ります。

タスクを並べて優先する作業を決めていくことも、以前よりスムーズにできるようになったと感じるでしょう。急な仕事が入り予定が少し変わっても、すぐに新しく予定を立てられます。ゴールを決めて、予定を立てて、実行するという単純なことでも、習慣化によって確実に生活が変わっていくのです。

大切なのは継続すること

今の自分を変えたい人にとって、7つの習慣を意識した行動は有効であるといえます。何かを習慣づけるために、必要なのは「継続すること」です。無理のない範囲で続けられるよう、ゴールに向けて予定を立てていきましょう。(提供:J.Score Style

【オススメ記事 J.Score Style】
キャッシュレスが進めばどのような未来が訪れるのか?
スタバが仮想通貨!?スターバックスが取り組むブロックチェーンの活用法
ビジネスパーソンが、「ジョブ理論」で、生き抜くためのヒントとは?
日々の目標を「小さな習慣」にする3つのコツ
世界ではここまで進んでいる!最新のフィンテックアプリ3選