富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

600年にわたる帝国コレクションの歴史 『ハプスブルク展』開催

600年にわたる帝国コレクションの歴史 『ハプスブルク展』開催

ディエゴ・ベラスケス≪青いドレスの王女マルガリータ・テレサ≫
1659年 ウィーン美術史美術館 ©Kunsthistorisches Museum, Wien

国立西洋美術館
The National Museum of Western Art

 13 世紀末から数世紀にわたりヨーロッパに君臨した名門、ハプスブルク家は、豊かな財とネットワークを生かして世界屈指のコレクションを築いたことでも知られています。その主要部分は、現在ウィーン美術史美術館に収蔵されています。オーストリアとの国交樹立150周年を迎えた今年、同館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100 点及ぶ貴重なコレクションが公開されます。同家のコレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世から、オーストリア・ハンガリー「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世まで、人物紹介も兼ねつつ、時代ごとに蒐集の特色やコレクションに向けられたまなざしなどを探ります。2019 年10月19 日(土)~ 2020 年1月26 日(日)まで、国立西洋美術館(東京・上野公園)にて開催。

600年にわたる帝国コレクションの歴史 『ハプスブルク展』開催

ヨーゼフ・ハインツ(父)
≪神聖ローマ皇帝ルドルフ2 世の肖像≫

1952 年頃
ウィーン美術史美術館
©Kunsthistorisches Museum, Wien>

国立西洋美術館
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
habsburg2019.jp