富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

40~50代が運命の分かれ道?-世帯間の資産形成状況の差を視覚的に把握する

要旨

世帯間の資産形成状況の差
(画像=PIXTA)

つみたてNISAやiDeCoなど、資産形成に注目が集まる。老後に備え用意すべき金額の目安は2,500万円といった記事を眼にする機会も多い。資産形成のゴールに関する情報は多いが、各世帯のゴールまでの過程についてはよくわからない。そこで、総務省家計調査報告(2017年平均結果の概要)を参考に、世帯間の資産形成状況の差が何歳頃に拡大するのかについて、視覚的な把握を試みた。

この結果、潤沢な老後の生活資金を確保できるかどうかは、相続など特別な幸運の影響が大きいが、十分な老後の生活資金を確保できるかどうかは、若いときからの地道な貯蓄の積み重ねによるところが大きいと考えられる。