富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

2020年のiPhoneは3モデルすべて5Gサポートか

アップル関連の噂に強いMing-Chi Kuo(ミン・チー・クオ)氏が「2020年に発売される3種類のiPhoneはすべて5Gをサポートする」と予測するレポートを発表した。郭氏はTF International(天風国際証券)のアナリストで、これまで数々の予測を的中させた実績がある。これ以前にクオ氏は「2020年のiPhone各モデルはサイズが新しくなり、OLEDディスプレイの5.4インチ、 6.7インチのハイエンドモデル、同じく OLED採用の6.1インチ標準モデルの3種類が準備されている」とするレポートを書いている。

クオ氏は以前のレポートでは3モデルのiPhoneのうち「2種類のみが5Gをサポートする」と予測していた。しかし今回のレポートでは高機能のAndroidが市場に氾濫しつつあることにより、Appleはすべての新モデルで5Gをサポートすることで対抗することにしたと述べている。また同氏はApple(アップル)がIntel(インテル)のモバイルモデムチップ事業を買収したことにより、5G化を助ける大きなリソースを手にしたことを認めている。

MacRumorsにリークされたクオ氏の投資家向けレポートにはこう述べられている。

2020年のiPhoneは3機種すべてが5Gをサポートするものと考えている。その理由は以下のとおりだ。

  1. Intelのモバイル通信の基盤技術を買収したことにより、Appleは今や5G化のために以前よりはるかに豊富なリソースを得た。
  2. 我々は2020年に5GをサポートするAndroidスマートフォンの価格が249ドから349ドル程度に下落するものと予測している。この価格帯もAndroidはSub-6GHz(6GHz未満の帯域)のみサポートすると考えられる。しかし重要なポイントは2020年には消費者がスマートフォンに5G機能を必須と考えるようになることだ。そうであればはるかに高価格なiPhoneはどうしても5Gをサポートして消費者だけでなく、キャリアの関心を引きつける必要がある。
  3. 5G化はAppleのARエコシステムの拡大にプラスに働く。

クオ氏のレポートは、2020年のiPhoneはすべての米国向けモデルがmmWave(ミリ波)とSub-6GHzの周波数帯域をサポートすると述べている。これらは5Gを実現する2つの異なった規格だ。AppleがSub-6GHzのみサポートする(従って価格が安い)5G iPhoneを中国市場向けに投入するかどうかは今のところ不明だ。

mmWaveは最速の5Gと期待されており、電波が輻輳する都市エリアには向いている。しかし、ミリ波は直進性が高く光に近い特性のため、モバイル接続に用いるには高度なテクノロジーが必要だ。都市部以外の地域ではsub-6GHzと呼ばれる周波数がもっと低い帯域が用いられるものと考えられる。いずれの規格も現在の4G接続より高速だが、ミリ波帯が最速だ。

Appleは2020年の5G iPhone各モデルではQualcomm(クアルコム)のモデムチップを利用する。ただしIntelのモデムチップ事業を買収したことにより2021年モデルでは独自の製品を採用することになると予想されている。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook