富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

2020年に本格スタートする「5G」で暮らしはどう変わる?

デジタル化された「2G」から大きく進化した移動体通信サービス 5Gについて理解するために、まず覚えておきたいのが、これまでの移動体通信の歴史だ。5Gに至るまでには、当然「1G」から「4G」までの道のりがあった。その概要を、簡単にまとめると次のようになる。 1G(第1世代) いわゆる「携帯電話」の始まり。1979年に日本電信電話公社(現在のNTT)が、アナログ方式で電話を無線化する「自動車電話」の商用サービスを開始。以降、1990年代初頭までは、アナログ方式の携帯電話が主流となる。 2G(第2世代) 1993年にNTTドコモがデジタル方式の移動体通信サービスを開始。「パケット通信」により、メールや「iモード」などのサービスが携帯電話で利用できるようになる。 3G(第3世代) それまでは国ごとに異なる通信方式だったが、3Gの時代からは“国際標準規格”が生まれるように。2000年代に入ると通信速度も大幅に向上し、音楽や動画も楽しめるようになる。 4G(第4世代) スマートフォンの普及にともない、3Gよりもさらに高速通信が可能になる通信規格「LTE」そして「LTE-Advanced」が登場。1Gbps(下り)のサービスも登場したほか、応答速度の向上(低遅延)や、同時に通信できる端末数の増加(多接続)により、移動体通信でできることの幅も大きく広がる。 レスポンスの大幅向上で、自動運転や遠隔医療の実現をサポート このように、デジタル化された2G以降は世代を更新するごとに、通信速度が大きく向上していった移動体通信サービス。当然5Gも、これまで使用していなかった周波数帯を利用するといった工夫により、下り最大20Gbps以上・上り最大10Gbps以上と、4Gに比べ大幅な速度向上を目指している。実現すれば、固定のブロードバンドサービスが不要になる可能性もあるわけだ。 そして、5Gのメリットは単なる通信速度向上にとどまらない。そのキーワードとなるのが、4Gでも推進されていた「低遅延」と「多接続」だ。 「低遅延」とは、簡単に言えばレスポンスの速さ。5Gの規格では、0.001秒以下のレスポンスを目標としている。このように、ほぼ瞬時にデータのやり取りができれば、自動運転の精度向上やVRを使った遠隔医療の実現など、様々な分野における利便性や安全性の向上が期待できる。 ちなみに、2018年末に開催されたPerfumeのカウントダウン公演で実現した、横浜と渋谷の2会場で同時にパフォーマンスを“披露する”試みは、5Gの低遅延を活用していたという。 より多くの機器が「つながる」ことによりIoT時代を推進 一方の「多接続」は、IoT(モノのインターネット)時代に欠かせない技術といえる。テレビやエアコンといった家電を筆頭に、ネット接続される機器はこれからもどんどん増えていく。これらの機器が直接ネットに接続し、さらに安定した通信を行うためには、エリア内で接続できる機器の台数を増やす必要があるのだ。 4Gで用いられている「LTE-Advanced」で対応できるのは、1平方キロメートルあたり約6万台の機器までだが、5Gなら最大で1平方キロメートル当たり100万台の端末を同時接続できるようになるという。これなら、家庭やオフィス内機器のIoT化に十分備えることもできるほか、もちろんスマートフォンやPCの通信も、より安定したものになるわけだ。 つまり5Gとは、移動体通信サービスを通じてできることの幅やサービスの快適さ、便利さを大きく拡げる規格といえる。スマートフォンの使い勝手に限定しても、4Kや8Kの高画質動画や、ハイレゾ音源の配信をはじめ、ナビゲーションアプリの精度&レスポンス向上など、5Gによって得られるメリットはかなり多そうだ。 本格的なサービス開始は2020年を予定している5Gだが、2019年秋に国内開催されるラグビーW杯では、会場で無料貸し出しされる対応端末により、いちはやく5Gのメリットが体験できるとのこと。ビジネスパーソンの新常識となりそうな5Gを理解するため、会場へ足を運んでみてはいかがだろうか。