富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

2019年は厳しい年になるとプロのファンド購入者が予想している

2019年はEGS関連への投資が鍵を握るだろう

プロのファンド購入者は様々な運用方法を総合的に判断して、積極的な運用を好むという調査結果が「Natixis」を通じてわかった。

「Natixis Investment Managers」によると、保険会社のファンド・オブ・ファンドのためにファンドを選択し、ブローカーとディーラー、プライベート・バンク、信託会社のプラットフォームのファンドを推奨または、選択する研究者やアナリスト、およびプロのファンド購入者は、今後、厳しい状況に直面する可能性が高い。

ファンドの不確実性は、不安定な株式・債券市場、金利上昇、貿易および地政学的な緊張など、さまざまな原因から生じる。