富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

2018年相場を徹底検証。何が買われたのか?

2018年は終わり、2019年の株式相場がやってくる。いったい、2019年はどの銘柄の株価が「最も上がる」のか。気持ちがはやるところだが、その前に少し時を戻して2018年にどんな銘柄が買われたのかをおさらい。1年間の急騰銘柄の傾向を知ればきっと役に立つはずだ。(『NET MONEY』2019年2月号より)

NET MONEY
『NET MONEY』2019年2月号(12月21日発売)
東京マーケットだけでも3,600社以上が上場する株式市場。この中から、2019年の急騰銘柄を見つけ出すのは容易ではありません。本特集では、気鋭の株プロに「新年相場のスター株、厳選1銘柄」を依頼。逃げ場なしの一本勝負に、50人の株プロが「魂の銘柄」をピックアップしました。あの“当たり屋”はどんな銘柄に注目しているのか…。ちなみに、2018年のスター銘柄は東証マザーズのALBERT(3906)で、年初から約15倍高を達成。2019年はここで挙げた50銘柄からテンバガー(10倍高)が誕生するに違いありません。また、特集の冒頭では、2018年相場を振り返り、新年相場の傾向と対策を練っていきます。※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

東証マザーズのALBERTが上昇率トップ!

AIやIoT関連が人気。製造業は大化け圏外か

2018年の株式相場もあとわずか。2018年は、日経平均株価が年初の急落から一転、バブル後最高値をつけたと思えば再び急落。やや上下の振り幅が大きい年となった。 ここでは、まず「2018年にどのような銘柄が買われたのか」に注目。1年をざっと振り返ったうえで、「2019年はどのような銘柄が買われそうなのか」について、株式評論家の山本伸さん、株式アナリストの村瀬智一さん、証券記者歴30年超の天野秀夫さんという〝相場の達人〟に話を聞いた。