富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

高級路線のスタバ、初日から行列。新ブランド「リザーブ ロースタリー」の狙いを、米CEOジョンソン氏に聞いた

スターバックス リザーブ ロースタリー東京 / 米スターバックスのケヴィン・ジョンソン氏

スターバックスが2月28日、東京・中目黒に高級路線の新店舗「リザーブ ロースタリー 東京」をオープンした。全4フロアの大型店舗で、店内で焙煎したコーヒー豆を使ったコーヒーを提供する。

オープン初日は、雨模様にも関わらず、開店と同時に来店客が殺到。整理券が配布され、Twitterでは、店に入るまで「3〜4時間待った」という声も上がるほどの盛況っぷりだ。 

スタバが打ち出す高級路線の「リザーブ ロースタリー」 狙いは?

「リザーブ ロースタリー」は、スターバックスが2014年にシアトルで初めて開業した。東京店は、シアトル、上海、ミラノ、ニューヨークに次いで世界で5店目になる。

店舗限定のメニューを多数提供しており、主力のビバレッジは約1000〜1200円と高価格だ。

100円で買えるコンビニコーヒーが人気を集める中、「スタバブランド」を再構築しようとする、スターバックスの熱意を感じさせる。 

「リザーブ ロースタリー」の狙いは何なのか? 米スターバックス・カンパニーの社長兼CEOのケヴィン・ジョンソン氏に聞いた。

 ◇

米スターバックス・カンパニーの社長兼CEOのケヴィン・ジョンソン氏によると、「リザーブ ロースタリー」を始めた背景には、「高質かつ究極的なコーヒー体験を届ける、というスターバックスのビジョン」があるという。

「リザーブ ロースタリーは、『ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてコミュニティによって、人々の心を豊かにしていく』というスターバックスのミッションに基づいています」

「ロースタリーで働くバチスタやスタッフが、自分の持てる技を生かしてサービスを提供して、全員でスターバックスのミッションを体現していくお店にしたいと思っています」

日本国内の店舗は1700店に拡大の方針

中国などアジアでの展開に注力するスターバックスは、現時点で日本国内に約1400店舗を展開。4万人のスタッフが活躍している。

ジョンソン氏にとって、「日本はとても特別なマーケット」という。スターバックスは1993年、北米以外では世界初となる店舗を銀座に開店した。日本進出の歴史は長く、今年で23年目を迎える。

国内店舗数はさらに拡大していく方針だ。2021年末までに「1700店舗」に増やす計画という。

「スターバックスの店舗への来客数は増え続けています。ただ、せっかく来てもらったとしても、店の中が混雑しており、ゆっくりした時間を提供できないという課題があります。これを解決するためにも、店舗数を拡大する計画を立てています」

 

Uber Eatsなどの宅配サービスも

Uber Eatsを利用した商品の宅配サービスなど、新たな施策にも取り組む。

2018年11月には、新宿2店舗と六本木1店舗の合計3店舗で、スマホで事前注文・決済ができるUber Eatsのデリバリーサービスも試験的に導入を始めた。

ジョンソン氏によると、こうした新しい領域への取り組みも、今後拡大していくという。

「顧客のニーズは、状況によって異なります。お店に行ってゆっくり時間を過ごしたいという時もあるし、忙しくてお店に行けないという時もある。人々にとって憩いの場となる『サード・プレイス』(職場や自宅とは別の”第三の場所”)を提供する、ということを継続しながら、スターバックス・デリバリー(宅配サービス)にも注力していきます」

 ◇

日本では、100円から買える「コンビニコーヒー」が人気だ。

今回オープンした「リザーブ ロースタリー」のコンセプトは、最高峰のコーヒー体験を届けること。「価格の安さ」や「手軽さ」を強みとするコンビニカフェやカフェチェーンとは対照的だ。

ジョンソン氏は、「創業以来、競合となる企業やサービスはこれまでもたくさん出てきていますが、スターバックスの店舗数や来客者数は常に拡大しています」と自信をのぞかせる。

「素晴らしい体験を提供し続けることを、常に守り続けているからです。そのサービスは、コーヒー豆の生産者やグリーン・エプロンを着ているパートナー(スタッフ)から始まり、バリスタやバーテンダーのクラフトマンシップ、そして東京店の外観設計を担当した隈研吾氏などのコラボレーションで成り立っています」

「これからも競合は出てくると思いますが、我々にしかできない方法で、人々が満足するサービスを提供していきます」

「リザーブ ロースタリー 東京」によって、スターバックスはどう変わっていくか? 今後の展開に期待したい。