富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

香港デモ参加者が日本語で協力求める投稿が話題に。「逮捕されるかも」それでも日本人に伝えたかったこと【UPDATE】

香港で「逃亡犯条例」の改正案を巡って反対する市民の大規模なデモが続いている。6月12日にはデモ隊が立法会に続く幹線道路を占拠。警官隊が催涙弾を発射してデモ隊を後退させる場面もあった。

バリケートを作るデモ隊

香港政府は6月13日、立法会の審議を行わないことを決め、発表した

一方で、改正案を可決させる考えは依然として維持している。

Twitterには日本語の話せる香港出身者が「日本人も関心を持って欲しい」と協力を呼びかけていて、反響を呼んでいる。

■なぜ香港で大規模デモが起きているのか

問題なっている逃亡犯条例の改正案は、2019年2月にその内容が公開された。

犯罪をしたとされる容疑者が香港に滞在した場合、すでに取り決めのあった20か国以外にも、身柄の引き渡しに応じる対象を広げる。

改正が議論されたきっかけは2018年に台湾で発生した殺人事件だ。香港人の男が犯行後に香港へ逃げ帰ってしまったため、台湾当局による拘束を免れたのが問題視された。

香港が犯罪容疑者にとって「拘束されない地域」として逃げ場にならないため改正案が提案されたが、引き渡し対象に中国本土が含まれていたことが物議を醸したのだ。

■一国二制度ではなくなる?

香港は1997年にイギリスから中国に返還された。中国は社会主義国家だが、香港は「高度な自治」が許される特別行政区として、イギリス統治時代の法制度を残すことが認められた。1つの国に2つの制度が存在するため「一国二制度」だ。

裁判所にも共産党組織が設置されている中国本土と違い、香港の裁判所は政府などからの干渉を受けずに独立した裁判を行うことができる。これも一国二制度の恩恵の一つと言える。

しかし、「逃亡犯条例」が改正されれば、その独立が脅かされる可能性がある。

中国当局が共産党に不利益な活動をする人間を「容疑者だ」と指定すれば、身柄が香港から中国に引き渡され、共産党の影響を受けた裁判所で審議されることになるからだ。

香港政府は、政治的な罪に問われた容疑者の身柄は引き渡さないとしている。

しかし、改正に反対している市民団体の幹部・周庭(アグネス・チョウ)さんは「共産党は、腐敗などの政治的な罪とは別の罪を作り上げる手段をよく使う。一国一制度になってしまう」と指摘している。

■Twitterには協力募る声

CNNによると、6月12日のデモは「暴動」とされ、72人が怪我をしたという。

一方で、香港政府は条例改正を進める意向は変えておらず、Twitterでは日本語が話せる香港出身者が、日本人にも今回の騒動に注目して欲しいと呼びかける投稿が話題になった。

このうち、大和さんは香港で使われるコミュニティサイト「連登討論区」で作られた日本語の呼びかけチラシを掲載。

香港に出張や留学などで滞在している日本人も中国に引き渡される可能性があるとした上で、Twitterやインスタグラムでデモのことを広めて欲しいなどと呼びかけた。

該当のツイートは3万回以上リツイートされている。

ハフポスト日本版が、大和さんにデモにかける思いや日本人に伝えたいことを聞いたところ、次のように答えてくれた。

香港の誇りだった、法の支配の精神を脅かす事態です。

いつも自慢だった、言論の自由を失うかもしれません。

僕たち香港の若者は、自分の未来と香港の未来をかけて戦っています。

最後まで絶対諦めないから、もし日本の皆様が僕たちを応援してくれれば、とても幸せだと思います。

もし最後僕たちが負けても、この歷史を決して忘れないで欲しい!日本の皆様には、是非僕たちの目撃者になって欲しい!日本の皆様の力が欲しいです

デモに参加する市民(6月13日撮影)

【UPDATE 2019.6.14】

さらに、別の香港出身者もハフポスト日本版に現場の写真とコメントを寄せてくれた。

「生まれも育ちも香港です」というEnahさんは、現地のデモの様子をTwitterで紹介している。

6月13日には、目を撃たれたとみられる男性の写真を転載した上で、「『そうですか』だって 『頑張って』だって、私達にとって救い(の)手です 見てくれて、覚えてくれてありがとうございます」とメッセージを送った。

Enahさんはハフポスト日本版の取材に対し、次のようにコメントを寄せてくれた。

中国本土への容疑者引き渡し条例を適用することになれば、香港の司法の独立性は確実に崩れます。 中国共産党による政治犯・思想犯逮捕も香港で行えるようになることは想像に難くないです。

私は香港を愛しています。

もし、改正案が通過したら、(海外への)移住ブームの波が来るでしょう。 誰も香港にいる友達や家族と別れたくないです。 だから、諦めたくないです。

(デモの現場で)暴力を真っ先に使い、そして装備を制限なく使うのは(デモ隊か警官隊の)どちらか、日本の方々はどうかご自分の目でお確かめください。

Enahさんが撮影したデモの現場