富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

長く持てば持つほど得する株もある「長期優待投資」とは?

楽しくてお得な「株主優待制度」の実施有無は、いまや個人投資家にとって重要な投資の判断材料になっています。企業にとっては安定株主の増加にもつながることからお互いにメリットがあります。

中でも長期保有株主を増やすための「長期保有優遇制度」を導入する企業が増えており、株主優待の魅力がますます高まっています。

企業はなぜ個人株主増加に力を注ぐのか

得する株,長期優待投資
(写真=Aleksej Antonuk/Shutterstock.com)

なぜ企業は高い経費をかけてまで、個人株主の増加に力を注ぐのでしょうか。

理由の一つ目は、自社のファンを増やすことです。特に食品や小売り、外食など消費関連の企業にとっては、個人株主は強固な固定客にもなるため、株主(ファン)の増加がそのまま業績に反映されることになります。二つ目は、安定株主を増やすことで株価を下支えすることです。そして三つ目が、TOB(株式公開買い付け)による敵対的買収を防ぐことです。

そのために有効なのが「長期保有優遇制度」で、長く保有するほど優待内容がグレードアップするため、手放す株主が少なくなり、結果的に株価の下落やTOBを防ぐことにつながります。

それでは、株主優待を充実させ、業績を伸ばしてきた企業の優待内容を見てみましょう。

長期保有優遇制度の一例

大手家電量販店のビックカメラ<3048>は、長期保有優遇制度を活用し、個人株主を増やしてきた代表的な企業です。ビックカメラの株主優待の内容は以下のようになっています(100株保有の場合)。

・2月末
買い物優待券(1,000円券2枚)
・8月末
買い物優待券(1,000円券1枚)
※8月末に、1年以上2年未満継続保有で買い物券1枚追加。2年以上(株主名簿に同一番号で5回以上連続記載)で2枚追加。

つまり、最低単元の100株を2年以上持っていれば、最大で5,000円分の買い物券を得られるので、かなり魅力的な優待といえます。これに年間予想配当分2,000円を加えた総収入は最大で7,000円となり、2019年4月3日終値株価の1,189円で算出した総合利回りは、実に5.88%(NISA利用で非課税の場合)になります。これぞまさに「長期優待投資」の醍醐味といえるでしょう。

長期保有が結果的に大きな資産を築く

株式投資には、目先の値上がり益を狙う「短期投資」、イベントや季節的要因などを材料にして1年以内に値上がりを見込む「中期投資」、そして企業の将来性を買って、長い目で大きな利益を目標にする「長期投資」の3つの投資スタンスがあります。

世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏やピーター・リンチ氏は成長が見込める株を安いときに買っておき、長く保有する「長期投資」で巨額の資産を築きました。

成長する企業は業績の伸長とともに毎年のように増配し、株価が高くなると株式分割を行うことが多いため、長く保有するほど加速度的に投資効果が高くなっていくのです。

レジェンド的な投資家の例は特別ではありますが、充実した株主優待を目的に長期で資産を増やす方法は誰でも実践可能です。

株主優待はよく使う店やサービスを選ぼう

さて、優待投資で注意しなければいけないのは、株主優待券の場合は原則として使用期限があるということです。年1回権利確定なら1年間、年2回確定なら6ヵ月というのが一般的なサイクルになっています。

優待投資で成果をあげるコツは、よく使う店やサービスを選ぶことです。いくら長期保有で優遇されるといっても、使う頻度が少ない優待内容では使いきれずに期限切れということになりかねません。

また、株主優待においては必ずしも無料券のほうが得とは限らないことも心に留めておく必要があります。たとえば、額面1,000円の買い物券を支給する優待と、20%割引カードを支給する優待を比較すると、1万円分の買い物をした場合、額面券では1,000円引きにしかなりませんが、20%割引カードを使用すれば2,000円の割引となり、結果的には後者のほうがお得になります。

以上の点に注意しながら、生活のプラスにもなり、成長も見込める企業の株を長期に保有し、配当金と合わせ、コストパフォーマンスの高い優待投資を実現してみてはいかがでしょうか。 (提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは