富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

金融業界にも訪れる「サブスクリプションの波」

米国の家庭では、日々のニーズを満たすために、NetflixやAmazonなどの有料サービスの利用者が増えている。Ernst&Young(以下EY)の最新のNextWave Consumer Financial Servicesレポートによると、今後5年以内に、金融サービスについても同様のことが起きるという。Charles Schwabは先月、有料のプレミアムデジタル金融アドバイザーサービスを発表し、EYが正しければ、金融サービスでさらに多くのサブスクリプションベースのサービスが続くだろう。

同報告書は、米国の消費者1,500人を対象に、富裕層、年齢層、その他の人口統計学的要因に分けて調査したほか、銀行、資産管理、保険、テクノロジー業界の企業、デジタル、製品、ハイテク業界の幹部数十人にインタビューした結果「消費者経済全体は、所有と購入からレンタルと使用へと劇的に変化した。金融サービス部門はこれまで、このような変化をほとんど避けてきた」としている。