富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

貿易統計19年4月-輸出の低迷、貿易赤字(季節調整値)が継続

輸出の減少が続く

貿易統計
(画像=PIXTA)

財務省が5月22日に公表した貿易統計によると、19年4月の貿易収支は604億円と3ヵ月連続の黒字となったが、事前の市場予想(QUICK集計:2,219億円、当社予想は2,764億円)を下回る結果となった。輸出が前年比▲2.4%(3月:同▲2.4%)と5ヵ月連続で減少する一方、輸入が前年比6.4%(3月:同1.2%)と前月から伸びを高めたため、貿易収支は前年に比べ▲5,606億円の悪化となった。

輸出の内訳を数量、価格に分けてみると、輸出数量が前年比▲4.3%(3月:同▲5.6%)、輸出価格が前年比2.0%(3月:同3.4%)、輸入の内訳は、輸入数量が前年比4.1%(3月:同0.4%)、輸入価格が前年比▲2.2%(3月:同0.7%)であった。

貿易統計 貿易統計
(画像=ニッセイ基礎研究所)

季節調整済の貿易収支は▲1,109億円と2ヵ月連続の赤字となったが、3月の▲1,543億円から赤字幅が縮小した。輸出が前月比0.6%の増加となる一方、輸入が前月比▲0.1%の減少となったことが貿易赤字の縮小につながった。貿易収支(季節調整値)は中華圏の春節の影響で黒字になった2月を除けば、18年7月から赤字が続いている。

4月の通関(入着)ベースの原油価格は1バレル=68.8ドル(当研究所による試算値)となり、3月の65.6ドルから上昇した。原油価格(ドバイ)は4月以降70ドル程度で推移しているため、通関ベースの原油価格は5月には70ドル台前半まで上昇することが見込まれる。輸出の低迷が続く中で、原油高で輸入金額が膨らむことから、貿易収支(季節調整値)は赤字が継続する可能性が高い。

貿易統計
(画像=ニッセイ基礎研究所)

輸出は10連休前の駆け込みで押し上げられている可能性も

19年4月の輸出数量指数を地域別に見ると、米国向けが前年比5.1%(3月:同0.3%)、EU向けが前年比▲3.0%(3月:同4.8%)、アジア向けが前年比▲3.5%(3月:同▲8.0%)となった。

季節調整値(当研究所による試算値)では、米国向けが前月比4.3%(3月:同▲1.8%)、EU向けが前月比▲0.8%(3月:同▲2.6%)、アジア向けが前月比2.2%(3月:同▲0.2%)、全体では前月比0.9%(3月:同▲2.3%)となった。

米国向けは好調を維持し、急低下が続いていたアジア向けが持ち直し、全体でも前月比でプラスとなったが、3月までの落ち込みを考えれば戻りは小さい。輸出減少の主因となっているIT関連の落ち込みにも歯止めがかかっていない。

また、4月の輸出は10連休を控えた前倒しによって押し上げられている可能性もある。輸出が下げ止まりつつあると判断するのは早計だ。5月は駆け込みの反動で輸出が大きく落ち込む恐れもあるだろう。

貿易統計
(画像=ニッセイ基礎研究所)

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

斎藤太郎(さいとう たろう)
ニッセイ基礎研究所 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任

【関連記事 ニッセイ基礎研究所より】
2019・2020年度経済見通し(19年5月)
鉱工業生産19年3月-1-3月期は消費増税後以来の大幅減産、景気動向指数の基調判断は「悪化」へ
消費者物価(全国19年3月)-食料の値上げが目立つが、物価全体への影響は限定的