富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

職場の「やっかいな人」から身を守る方法 片田珠美(精神科医)

「無自覚モンスター」へはこう対処しよう!

身を守る方法,片田珠美
(画像=THE21オンライン)

相手の気持ちを考えずズケズケ言ったり、すぐに感情的になったり、嘘をついたり……自覚なく他人を傷つける人が増えている。無自覚ゆえに「自分を変える」意識がない。だから、巻き込まれないためには自己防衛が必要だ。そこで、「やっかいな人」をタイプ別に分類し、それぞれの賢い対処法を精神科医の片田珠美氏に伝授いただいた。

「自分第一」な人が世界中で増殖中!

いつの世も、会社は「理不尽な人」「やっかいな人」の宝庫。しかし近年、精神科医として様々な相談を受ける中、そうした人々がとみに増えていると感じます。その背景には、「自己保身」があると思われます。景気が回復してきたとはいえ先行き厳しい業界も多く、好調でもいつ潮目が変わるかわからない世の中です。その中で自己防衛的になり、それが高じて攻撃的になる人は少なくありません。

もう一つ、世界的傾向として挙げられるのが「自己愛過剰社会」の蔓延。トランプ大統領は「アメリカファースト」を標榜していますが、実際のところは「ミーファースト」な人物です。タイプは違えど、プーチン大統領や金正恩委員長も「自分第一」なキャラクターです。このような人々を筆頭に、一般社会でも「わが身可愛さ」のみで動く人が年々増えています。

「無自覚モンスター」からうまく逃げるには

日本もその例に漏れません。「謙譲の美徳」も今は昔、自己主張の強い団塊世代や享楽的なバブル世代、SNSで自己顕示欲を満たす若者世代など、年齢を問わず自己愛の強い人が増加中です。なお、この手の人々にも様々なタイプがあります。次ページよりご紹介する6タイプに大別できますが、複数の要素を兼ね備えている人もいます。

始末が悪いのは、どのタイプも総じて無自覚であること。彼らは、他人に嫌な思いをさせていることにほとんど気づいていません。悪気がないため、反省することも稀です。だからこそ、こちら側の防衛スキルを上げることが必須。次ページより各タイプの特徴と対処法を解説しますが、どのタイプにも当てはまる心得は二つあります。

一つは、早めに気づくこと。無自覚モンスターの中にはしばしば「一見良い人」がいます。優しそうに見えて卑怯、フレンドリーに見えて無神経、など。仲良くなる前に早めに距離を置ければ安心です。

もう一つは「横もしくは斜め上のつながり」を大切にすること。同期や他部署の上司など、相談できる第三者を持ちましょう。そうした存在は心の支えになるだけでなく、しかるべき場所に訴える際の証人にもなってもらえるでしょう。