富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

紹介予定派遣、働いてみて良かった点は?

正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で、「紹介予定派遣」をテーマにアンケートを実施、女性416名から回答を得ました。以下、結果をご報告いたします。

調査結果 概要

★ 紹介予定派遣の認知度は85%、昨年より8ポイントアップ。一方、実際に紹介予定派遣として働いたことがある方は1割程度。

★ 紹介予定派遣の魅力は「直接雇用前に社風や職場環境を確かめられること」。

調査結果 詳細

1:紹介予定派遣の認知度は85%、昨年より8ポイントアップ。一方、実際に紹介予定派遣として働いたことがある方は1割程度。(図1、図2、図3)

 「紹介予定派遣を知っていますか?」と伺ったところ、85%が「名前も意味も知っている」と回答しました。昨年に比べて、8ポイント上昇しています。また、年代が上がるにつれ、認知度も高くなっています。

紹介予定派遣について「名前も意味も知っている」と回答した方に、「これまでに紹介予定派遣の求人に応募または就業したことがありますか?」と伺ったところ「就業したことがある」と回答したのは13%に留まりました。他の年代に比べ、20代は「いずれもない」(70%)が目立ちました。

【図1】紹介予定派遣を知っていますか?

【図2】紹介予定派遣を知っていますか?(年代別)

【図3】紹介予定派遣について「名前も意味も知っている」と回答した方に伺います。これまでに紹介予定派遣の求人に応募または就業したことがありますか?

2:紹介予定派遣の魅力は「直接雇用前に社風や職場環境を確かめられること」。(図4)

紹介予定派遣について「名前も意味も知っている」と回答した方に、紹介予定派遣の魅力を伺ったところ、「直接雇用になる前に社風や職場環境を確かめられる」(76%)が最多でした。次いで、「最長6ヶ月以内に直接雇用に切り替えられる」(51%)、「選考時に派遣会社の担当者がフォローしてくれる」(43%)が続きます。紹介予定派遣として就業して良かった点やアドバイスも紹介します。

 

【図4】紹介予定派遣について「名前も意味も知っている」と回答した方に伺います。紹介予定派遣の特徴で魅力を感じる点を教えてください。(複数回答可)

紹介予定派遣として就業してみてよかった点

・直接雇用になる前に会社の雰囲気や仕事内容がわかるので、派遣期間中に今後も就業するかどうかを考えることができる。また、直接雇用前に人間関係を築くことができる。(26歳女性)

・正社員雇用への道が、通常の転職活動よりも叶いやすかった。(27歳女性)

・採用する企業側からしても、正規雇用を目的に採用をしてくれているので、正社員になりやすいと思う。働いていて気も楽でした。(31歳女性)

・既に働いている社員の方のようなスキルは求められていなかったため、ある程度できないことがあっても、時間をかけてスキルを伸ばし、社員になる準備ができました。(33歳女性)

・出産後復帰での再就職だったので、社会復帰に時間をかけられて良かったです。(42歳女性)

紹介予定派遣の利用を検討している方へアドバイス

・まずはやってみないとわからないことが多いので、考えるのは挑戦してからでもいいと思います。(27歳女性)

・切り替えのタイミングで、改めてテストがある場合もあるので、注意です。(30歳女性)

・良い企業なら働き続ければいいが、あまり自分に合わないと思ったら派遣のうちに見切りをつけたほうがいい。(32歳女性)

・正社員登用されるのか、応募段階でしっかり確認した方が良い。意外と正社員になるまで時間がかかる場合もある。(32歳女性)

・派遣中は自分も企業側からテストされているつもりで働きましょう。素直さ、謙虚さを忘れず、やる気を見せるべきです。ただ、正社員登用の面接の際は、「何でもできます、やります」というよりも、自分の条件をきちんと伝えたほうがいいと思います。(42歳女性)

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:「エンウィメンズワーク」 を利用する20代~40代の女性ユーザー

■有効回答数:416名

■調査期間:2018年11月15日~12月12日 

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル | 話題の企業の「カイシャの評判」を探る!
人事、採用、労務の情報なら人事のミカタ
CAREER HACK | WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア
転職エージェントなら 【エン エージェント】 エンジャパン