富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

米国株取引に役立つスマホアプリ6選

米国株投資にスマホアプリを利用していますか?

スマホアプリなら、いつでも米国株の情報がチェックできるので便利ですよね。

今回は、米国株の株価チャートがチェックできたり、トレードに役立つ情報を取得できたりするアプリを紹介します。

スマホアプリ
(画像=Getty Images)

investing.com

investing.comは、世界中のトレーダーが見ているグローバルな金融情報サイトです。

世界中の金融商品に関する情報をリアルタイムで提供しているので、株・為替・先物・仮想通貨などあらゆる取引に役立ちます。

investing.comの特徴を見ていきましょう。

リアルタイムデータ

世界の70以上の金融市場で取引される株、為替(FX)、先物オプション、仮想通貨などの相場情報を配信。取り扱う金融商品数は、10万以上という圧倒的な情報量を誇ります。

経済指標や決算発表カレンダーも搭載

経済指標や決算発表のカレンダーも充実。

今週・来週で予定されている世界中の指標を把握し、重要度や発表日・予想・結果を掲載しています。

カスタマイズ機能もあるので、自分なりの経済指標や経済発表のカレンダーを作れます。

個人用ポートフォリオの作成と各種アラート設定

自分が保有する、もしくは気になる株や為替・商品などの金融商品を登録すれば、自分なりのポートフォリオを作成できます。

また、価格や変動率・出来高による通知や、経済指標の分析、最新記事のお知らせなどがわかるアラート機能を利用することが可能です。

会員登録でさらに便利に

会員登録してログインしておけば、ポートフォリオやアラート機能がすべてのデバイスで同期しているので、前回離脱したところから続けることができます。

Bloomberg

米国株取引に役立つスマホアプリ6選

ブルームバーグは、1981年にニューヨークで誕生した金融情報配信会社です。

Webサイトでも情報を発信していますが、株式・ビットコイン・為替など世界中の情報を届けてくれるスマホアプリもあります。

ウォッチリストを利用すれば、気になる情報を逃すことはありません。

金融機関のディーラーや、機関投資家・投資顧問会社などでも日常的な情報収集ツールとしてブルームバーグは利用されています。

テレビ情報のライブ配信も行なっており(英語版)、世界経済やマーケットのニュースを視聴できることも大きな特徴です。

ブルームバーグはプロ向けの情報システムとして成長してきました。

ただ、会員料が年間数十万円と高く、一般の人はなかなか見ることができませんでした。

しかし、今ではウェブサイトや携帯アプリを通じて、さまざまな情報を無料で提供しているのです。

世界の経済や株式・為替などの最新情報を随時配信しているのに加え、ウォッチリスト機能があるので、気になる株や通貨を登録しておけば、最新の情報を簡単にチェックできます。ウォッチリストは 、ETF や投資信託にも対応しています。

Yahoo Finance

米国株取引に役立つスマホアプリ6選
(画像=Google Play)

ヤフーファイナンス(英語版)でも、米国株の株価をリアルタイムでチェックできます。

また、ポートフォリオ管理が優れているのが特徴です。ヤフーファイナンスに銘柄を登録しておけば、ドルベースでの資産額やトータルでの損益率などがひと目で確認できます。

また、Notifications(通知)欄では、Breaking newsの情報を確認可能です。

MSNマネー

米国株取引に役立つスマホアプリ6選

MSNマネーは、マイクロソフトが運営する公式アプリです。

これまでWebでしか利用できなかったコンテンツが、アプリで気軽に利用できるようになりました。

ウォッチリストに銘柄を登録しておけば、簡単に株価のチェックができます。

日本株だけでなく、米国株や海外ETFも登録でき、企業の詳細情報も確認可能です。

また、世界中のマーケット情報やニュースもタイムリーに更新されます。

さらに、個人のマネープランに特化した特集記事も見ることができます。

CNBC

米国株取引に役立つスマホアプリ6選

CNBCは、経済やビジネス分野でブルームバーグと並ぶ有力メディアです。

日本でもケーブルテレビなどで「日経チャンネルマーケッツ」(日本語)を配信しています。

CNBCは経済面・ビジネス面で世界情勢を流していますが、最新ニュース以外にも技術や経済、そしてアジアや欧州・米国など地域情報を豊富に流しています。

またマーケット関連では米国・欧州・アジアの株式市場に加えて、金や原油などの商品市場のデータも充実。

アプリでもリアルタイムで米国株の株価を確認し、ポートフォリオを作成できます。

そして、チャートやニュースのほか、オンデマンド映像も見られるのが大きな特徴です。

マネーフォワード

米国株取引に役立つスマホアプリ6選

アメリカ株を保有している場合、証券会社によってはドル建てでポートフォリオを管理する必要があります。

その場合、円換算した場合の損益がどのようになっているのかがわかりません。

しかし、マネーフォワードを使えば、円建てでポートフォリオをチェックできます。

米国株の個別株の他に、投資信託やETFも円建てで表示できるので便利です。

まとめ

今回は、以下のような米国株取引に役立つスマホアプリをご紹介しました。

  • investing.com
  • Bloomberg
  • Yahoo Finance
  • MSNマネー
  • CNBC
  • マネーフォワード

とくに、リアルタイム株価が見られることや、ニュースや決算発表などの情報量の多さから、「investing.com」はオススメです。

すべて無料で利用できるので、まずはスマホにダウンロードするところから始めてみてはいかがでしょうか。(提供:The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。