富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

積み立て投資を始めたとたんに荒れ相場!どうすべきか?

今日は、「日本株に積み立て投資を始めたものの不安」という読者の声があることに対して、私なりの考え方をお伝えします。

荒れる日経平均

日経平均の乱高下が続いています。私は、日本株は割安で、魅力的な投資対象と考えています。日経平均インデックスファンドに投資していけば、中長期で資産形成に貢献すると思います。詳しくは、以下のレポートをご参照ください。
日本株の未来に「強気」下がれば「買い場」と判断

ただし、短期的には、貿易戦争や米金利上昇、地政学リスクなどを嫌気して、何回も急落を繰り返すと思います。日経平均の欠点は、値動きが荒いことです。いいタイミングで買って、いいタイミングで売ろうと思っても、至難のわざです。

日経平均とNYダウの値動きを比較した、以下のグラフをご覧ください。

日経平均とNYダウの値動き比較:2012年末~2018年7月10日

図表1
(注:2012年末の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

アベノミクスがスタートした2013年からの累計で比較すると、日経平均の方が大きく上昇しています。ただし、下げ局面(上のグラフで青矢印をつけた所)だけ見ると、日経平均がNYダウより大きく下落していることがわかります。

日経平均は、上げる時も下げる時も、NYダウより値動きが大きく、それだけに、いつ買ったら良いのか、判断がむずかしいと思います。

日経平均の値動きを荒くしているのは、外国人投資家です。外国人は、売るときは下値を叩いて売り、買うときは上値を追って買い、日経平均の値動きを大きくしています。

外国人投資家から見て、日本株は、世界景気敏感株です。世界景気になんらかの不安が出ると、まず、日経平均から売ります。逆に、世界景気に明るい兆しが出ると、日経平均から買います。そのため、日経平均は、世界のどこかで起こる、あらゆる強弱材料に反応して、激しく乱高下します。

荒れれば荒れるほど、投資成果が高まる「積み立て」投資

これからも、「荒れ馬」日経平均は、急落・急騰を繰り返すと予想されます。このような資産を、うまく乗りこなすには、どうしたら良いでしょうか? 私は、毎月一定額(たとえば、1万円)、積み立てで投資していくのが、良いと思います。

なぜならば、乱高下が激しい資産ほど、「ドルコスト平均法」といわれる積み立て投資の威力が発揮されるからです。それを簡単な例でみてみましょう。

激しく乱高下する投信Aと、値動きのない投信Bに、3年間積み立て投資した場合の投資成果をシミュレーションしました。両方とも、投資開始時点と3年後の基準価額が同じとして、比較しています。

激しく乱高下する投信Aと、値動きのない投信Bの基準価額推移

図表2
(画像=筆者作成)

投資開始時点・1年後・2年後に1万円ずつ投資した場合の取得できる投資単位

図表3
(画像=筆者作成)

「荒れ馬」投信Aでは、ドルコスト平均法の効果で、含み益が発生

まず、投信Aの、投資成果を見てみましょう。投資開始時点で、基準価額1万円の時、1万円を投じて1単位購入します。次に、1年後、基準価額が8,000円に下がったところで、1万円を投じると、1.25単位購入できます。次に、2年後、1万2,000円まで値上った時に、1万円を投じると、0.83単位購入できます。合計で、3.08単位取得できたことになります。

3年後に、投信Aの基準価額が、投資開始時点の1万円に戻った場合、投資した3.08単位の評価額は、3万0,800円となります。合計3万円の投資が、3万0,800円になったわけですから、800円の含み益を得たことになります。

投資開始時と、3年後で、基準価額は変わらないのに、含み益が発生しているのは、なぜでしょう。それが「ドルコスト平均法」の効果です。

等金額(ここでは1万円ずつ)投資を行っていると、投資対象が値上がりしたときには、少ない投資単位しか買えず、値下がりしたときに、たくさんの投資単位を買うことになります。高い時に少なめに、安い時に多めに買う効果で、長期的な投資成果を大きくすることができるのです。

値動きのない投信Bでは、含み益は得られない

投信Bは、最初から最後まで基準価額が1万円のままで、値動きがありません。したがって、投資した3万円は、3万円のままです。ドルコスト平均法の効果は、値動きの乏しいアセットでは発揮されません。

このことからわかるように、積み立て投資には、荒れる資産ほど投資成果が大きくなる仕組みが、組み込まれているわけです。荒れる日経平均に投資して、短期的な値動きに翻弄されずに、長期的な投資成果を獲得するには、積み立て投資が優れていると思います。

ファンドマネージャーにとっても嬉しかった「積み立て投資」

私は、25年間、年金・投資信託などの日本株を運用するファンドマネージャーでした。ファンドマネージャー時代に、とても残念に思ったことと、嬉しかったことがあります。

まず、残念なこと。私が運用していた公募投信(日本株のアクティブ運用ファンド)では、日経平均の高値圏で設定(買い付け)が増えるのに、日経平均の安値圏では、ほとんど設定がありませんでした。株は安い時に買って、高くなった時に売ると利益が得られるわけですが、公募投信では、残念ながら、その逆の動きが見られました。

次に、とても嬉しかったこと。私が運用していたファンドが、DC(確定拠出年金)の運用対象となったことです。多数の企業に採用していただけました。DCでは、毎月、一定額の設定が入り続けます。加入者の方に、定時定額で積み立てしていただいたことになります。そうすると、日経平均の高値でも、安値でも、淡々と設定が入ってきます。

日経平均が大暴落して世の中が総悲観になっている時、往々にして、絶好の投資チャンスとなっています。ファンドマネージャーとしては、そんな時こそ、しっかりと投資を増やしてほしいと思います。ところが、公募投信では、そういう時に、設定が入ってきません。

私が運用していたDCファンドでは、定時定額の積み立て投資が入ってきますので、リーマンショックで日経平均が大暴落し、世の中が総悲観になっている時でも、淡々と積み立てが入ってきました。

誰でも、株は安い時に買って、高い時に売りたいと思うのでしょうが、言うのは簡単で、やるのはとても難しいことです。そうするためには、世の中総悲観になっている時に、株を買い、みんなが明るくなって強気になっている時に、株を売らなければなりません。それは、少しひねくれた人にしかできないことです。普通の素直な人は、みんなが明るくなっている時に、株を買いたくなり、暗くなっている時に、株を売りたくなるでしょう。

普通の素直な人は、変に、いいタイミングで株を買い、いいタイミングで売ろうとしない方がいいと思います。それでは、どうするべきか? 私は、定時定額(たとえば毎月1万円)の積み立て投資をしていくべきと思います。

窪田 真之(くぼた まさゆき)
楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト
1984年、慶應義塾大学経済学部卒業。住友銀行、住銀バンカース投資顧問、大和住銀投信投資顧問を経て2014年より現職。日本株ファンドマネージャー歴25年、1000億円以上の大規模運用で好実績をあげたスペシャリスト。

(提供=トウシル

【7年連続なるか?】「年末高」を攻略せよ!注目株、アノマリー攻略法
【優待名人・桐谷広人】超カンタン![桐谷式]株主優待のはじめ方と銘柄セレクト術
【ムダな損を減らそう】投資で失敗しないために破ってはいけないルール
【じぶん年金】iDeCo(イデコ)って何?節税メリットと注意点を総ざらい
【なぜあなたは失敗するのか】投資で失敗しないためのルール。塩漬け株、行動心理学、お金が増えない人の共通点