富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

確定申告で消耗してる個人事業主は必見 圧倒的に作業量が減る「裏技」とは?

確定申告で消耗してる個人事業主は必見 圧倒的に作業量が減る「裏技」とは?
(画像=miya227 /Shutterstock.com)

確定申告の季節が始まった。経費として溜めていた領収書を慌てて記帳したり、分かりにくい申請書に四苦八苦したり、夏休みの宿題のように期限ギリギリになってから毎年バタバタしたり、やっと書類ができたと思ったら申告会場が長蛇の列だったり…。個人事業主にとって憂鬱な季節だろう。

税理士に頼めば10万円以上かかってしまうこともある。個人事業主でいる限り、この苦労から逃れることはできないと思っている方も多いのでないだろうか。そのようななか、面倒な確定申告をいとも簡単に終わらせる「裏技」が注目を集めている。

面倒な確定申告を手軽に解決する「クラウド会計ソフト」

面倒な確定申告を手軽に解決する方法が「クラウド会計ソフト」の活用だ。クラウド会計ソフトとは、ネット環境があればいつでも会計処理ができるシステムのことで、このクラウド会計ソフトを日頃から使えば、面倒な確定申告を誰でも効率的に済ますことができる。例えば、

・交通費や交際費など、支払ったものの記帳
・分かりづらい勘定科目の選択
・確定申告書類の作成

などの手間のかかる作業を、カードや銀行口座と連携することにより全て自動で行ってくれる。

会計事務所が顧問先にオススメしたいクラウド会計ソフトNo.1(※)

クラウド会計ソフトを使うことで、領収書やクレジットカード明細を会計事務所に郵送することなく自分で処理できるため、経理に費やす時間も費用も節約することができる。そんな優れたクラウド会計ソフトの中で「会計事務所が顧問先にオススメしたいクラウド会計ソフトNo.1」(※)に輝いたのが「マネーフォワード クラウド確定申告」だ。

「マネーフォワード クラウド確定申告」の最大の強みは、さまざまなサービスと連携して業務を徹底的に自動化している点にある。使い方は簡単で、「マネーフォワード クラウド確定申告」に連携したい銀行口座やカードを登録するだけだ。

使った時点で、明細データを自動で取得・同期してくれる。例えば、クレジットカードを登録しておけば、そのカードを使った時点でデータがマネーフォワード クラウドに送られ、自動で仕訳候補を作成してくれるのだ。

※2017年6月 株式会社実務経営サービス(東京・豊島)調べ

確定申告で消耗してる個人事業主は必見 圧倒的に作業量が減る「裏技」とは?
(画像=マネーフォワード)

自分で通帳や取引明細とにらめっこして一つずつ入力していく、 あの面倒な作業をしなくて済むという訳だ。さらに、取得したデータから確定申告の際に必要となる「確定申告書B」「青色申告決算書」を自動で作成してくれる。

確定申告で消耗してる個人事業主は必見 圧倒的に作業量が減る「裏技」とは?
(画像=マネーフォワード)

また、「マネーフォワード クラウド確定申告」は初めての方でも安心のサポートサービス体制が十分に整っている。加えて、金融機関のシステムのプロが担当しているため、金融機関レベルの強固なセキュリティを有しており、こういったソフトを使用したことがない人でも安心して利用できる。

確定申告で消耗してる個人事業主は必見 圧倒的に作業量が減る「裏技」とは?
(画像=マネーフォワード)

「簡単さ」「便利さ」「低コスト」の3つを同時に実現

これらの 「簡単さ」と「便利さ」に関わらず、利用料金は税理士を雇うよりもはるかに安い料金で済むという。

確定申告で消耗してる個人事業主は必見 圧倒的に作業量が減る「裏技」とは?
(画像=マネーフォワード)

「マネーフォワード クラウド確定申告」を導入して面倒な作業を効率的に自動化すれば、その空いた時間を使い、事業拡大や個人の売上げアップにも繋げられるはずだ。今なら「マネーフォワード クラウド確定申告」を使うことでどれだけ会計業務を削減できるか、たった30秒で診断を行うことができる。また、実際に「30日間」ソフトを無料で使うことも可能だ。

確定申告の時期に慌てることなく申告するために、導入を検討してみてはいかがだろうか。