富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。

gettyimages (37700)

2019.5.24

100万ドルの夜景とテーマホテル巡り

gettyimages (37701)

ラスベガスといって、まず頭に浮かぶのがまぶしいばかりに輝く夜景。
暗く静まる砂漠の中にあってこの華やかな夜の灯りは遠くから見るとまさに砂漠の中のオアシスのように見えます。つい最近まで電力の使い過ぎが問題視されていたラスベガスですが、今では電力のほとんどをソーラーパネルなどの再生可能なエネルギーでまかなっていると言うのですから驚きですね!
 (37998)

ラスベガスには「テーマホテル」と呼ばれるホテルが数多くあります。宿泊するかどうかに関係なく、いくつかのテーマホテルを巡ってみましょう。その一つがイタリアのベネチアをテーマにした「ザ・ベネチアン」。このホテルの周りには運河が作られていてゴンドラにも乗ることができます。
 (38000)

「ニューヨークニューヨーク」も見逃せないテーマホテルですね。自由の女神やエンパイヤ―ステートビルなどの高層ビルなどが並ぶゴージャスなこのリゾートではローラーコースターにも乗れます。
ラスベガスにはその他、エジプトのピラミッド形のホテル「ルクソール」ではスフィンクスの像がお出迎えします。時間の関係ですべてのテーマホテルを巡るのは難しいかもしれませんが、気に入ったものを探し出しておくと効率よく回ることができます。

カジノではポーキーマシーンやスロットルマシーンで気軽に楽しもう

 (38003)

ラスベガスは元々「カジノ」として作られた所です。不正な賭博が行われないよう、厳しい規制が敷かれているので一つの娯楽として気軽に楽しむことができます。日本ではまだまだカジノへの抵抗があると思いますが、ラスベガスにいるときぐらい、トライしてみたいですね。
gettyimages (37727)

ラスベガスにはポーキーマシーンやスロットルマシーンなどがずらりと並び小額で楽しめるのがうれしいです。使う額を決めて、あまり深刻にならないように楽しむのがコツ。

ラスベガスの夜は何といってもエンタメ鑑賞

Photo by Andre Benz on Unsp...

Photo by Andre Benz on Unsplash

ラスベガスの夜は何といってもエンタメ鑑賞。シアターがいくつもあり、常にいろいろなトップクラスのショーが開かれています。中でも動物を一切使わないエンターメント集団「シルク・ド・ソレイユ(太陽のサーカス)」は有名。日本にも公演に来たこともあるので知っている人も多いと思いますが、ラスベガスにはこのグループのショーが7つ常設されています。ぜひチケットを購入して見に行ってください!

シルク・ド・ソレイユ公式サイト:https://www.cirquedusoleil.com/ (このサイトではチケットの予約もできます。)
チケット料金:US$75 ~ 250
 (38009)

ラスベガスにはその他、ベラージオの「噴水ショー」やミラージュの「火山噴火」、アーケードの天井一面に鮮明な映像が映し出される「フリーモント・エクスペリエンス」など無料で楽しめるショーもあります。

手頃な値段で食べ放題のバイキング「ビュッフェ」

gettyimages (37728)

gettyimages (37729)

ラスベガスでの食事はとにかく手ごろな値段で食べ放題のバイキング式の料理「ビュッフェ」が主流。写真は「シーザーズパレス」ホテルのビュッフェで出される料理の一例。
gettyimages (37730)

ラスベガスにはハンバーガー店もたくさんあります。「ハートアタックグリル」ではこんな感じの巨大な積み上げハンバーガーを売っていますよ。その名前の通り心臓麻痺を起こすほどカロリーの高いことが「謳い文句」。挑戦してみますか?

現地ツアーで行くグランドキャニオンとセドナ

 (38014)

ラスベガスの滞在を満喫した後は、世界遺産「グランドキャニオン」を現地ツアーで訪ねてみましょう! 20億年前の地球の姿がそのまま残っているグランドキャニオンは息を呑むほどの絶景。深い谷を形成している地層は、このエリアが山になった時や海底に沈んだ時の地球の年輪だと言われています。
 (38016)

セドナはラスベガスから行けるもう一つの自然の観光スポットです。車やバスでは4時間ほど掛かるのでグランドキャニオンと合わせたツアーにして、セドナで一泊するのも良いかもしれません。セドナでもユニークな岩の形成を見学することができます。
ツアー予約参考サイト: https://www.veltra.com/jp/north_america/las_vegas/ctg/1715:1715/
ツアー料金:US$119 ~ 694

アクセス

ラスベガスに行くには成田空港もしくは羽田空港から出発しているユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空などを利用してバンクーバーかロサンゼルス経由でアクセスします。ラスベガス空港からは路線バスまたはシャトルバスを利用してホテルに移動します。

まとめ

アメリカの砂漠の中に作られた「ラスベガス」。日本で雨の多い6月はラスベガスでは初夏に当たり降雨量が1年で最も少ないシーズン。そんなラスベガスは日本の梅雨を逃れて満喫するにはおすすめの場所だと言えます。テーマホテル、カジノ、ナイトショー、そして食べ放題のビュッフェなどとにかくスケールの大きな娯楽が楽しめるラスベガス。ここでは傍観者でいてはつまらない!ぜひ主人公になって心行くまで楽しんでください!
 (38023)

オーストラリアのメルボルン在住。現地の日系企業で翻訳・通訳をする傍らフリーランスライターとして記事を執筆。2017年からはフルのライターに。カルチャーや社会に関心があり、趣味は旅行とアート。旅行はほとんどの場合、自分たちで計画して旅している。

元のページを表示 ≫

関連する記事