富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

相乗りアプリのNearMe、都市部で最大9人をピックアップしてゴルフ場まで運ぶシャトルバスの運用開始

タクシーの相乗りアプリ「nearMe.」を提供するNearMeは3月28日、同社がもつ乗客ピックアップルートの最適化アルゴリズムを応用し、都市部の住民とゴルフ場をつなぐ相乗りシャトル運用の実証実験を、東急リゾートサービスと共同で実施すると発表した。

NearMeは、タクシーで同じ方向に行きたい人同士をつなぐ相乗りアプリを提供するスタートアップ。深夜、終バスの時間が過ぎた頃の郊外の駅では、タクシーに乗るために長い列ができているところをよく目にする。その中には同じ方角に向かう人もいるはずだが、1人に1台というかたちでタクシーが割り当てられるので、待ち時間がどうしても長くなってしまう。そんな中、NearMeは同じ方角に向かう人をアプリでつなげることで、その無駄を解消しようとしている。同社についてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので、参考にしてほしい。

同社はこのアプリの提供と同時に、NearMeは、最適なルートで複数人をピックアップすることを目的としたアルゴリズムの開発にも取り組んできた。今回の実証実験は、そのアルゴリズムを活用することで都市部とリゾート地をつなぐシャトルバスの運用を行うことが目的だ。シャトルバスの定員は最大9名。東京都渋谷区や東急沿線沿いに住むゴルフ利用客を効率的にピックアップして、ゴルフ場まで届ける。

NearMeは、2018年11月に開かれたPlug and Play Japanのアクセラレータープログラムに採択され、その公式コーポレートパートナーである東急不動産と実証実験の検討を開始。約3ヶ月間の期間をへて実施に至った。実証実験の開始は2019年5月頃を予定しているという。