富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

無料版でも結構使える。Microsoft Teams試用レポート

より迅速で密なコミュニケーションを可能にするビジネスチャットツール Microsoft Teamsとは、マイクロソフトが提供するビジネスチャットツールの一種だ。ビジネスチャットツールのメインとなるのは、1対1はもちろん、グループでも可能なチャットやオンライン会議のための機能。ほとんどのツールが複数のグループを作成し、プロジェクトごとにコミュニケーションの管理を行えるようになっているほか、ファイルやメモの共有機能も備えている。 ビジネス上のコミュニケーションをチャットで行うことのメリットは、なんといっても「気軽さ」と「素早さ」だ。メールのように件名や冒頭といった定型文を入れず、要件だけのやり取りができるため、ちょっとした確認でも気軽に連絡を取り合い、密なコミュニケーションがはかれるようになる。 Windowsはもちろん、MacOSやスマートフォン(Android/iOS)用のアプリも用意されているので、端末を問わずに、どこからでもコミュニケーションできるのもビジネスチャットツールの良いところ。そのため、働き方改革の軸となるテレワーク推進にも、Microsoft Teamsのようなビジネスチャットツールの導入が大きな効果を上げるといわれている。 Officeの書類をそのまま共有・編集できる点が大きな強み ではここから、他のビジネスチャットツールと比べたMicrosoft Teamsのメリットに触れていこう。 使ってみて最初に感じたのは、Microsoft Teamsの「馴染みやすさ」だ。マイクロソフト製ということで、画面デザインや基本操作の感覚がOfficeシリーズに似通っており、他のビジネスチャットツールと比べ、初見でも入りやすい印象を得た。この手のツールは、チーム全体を巻き込んで使うことが導入成功のポイントとなるため、Officeを使い慣れている人が多い会社では、大きなメリットとなるのではないだろうか。 チャットやオンライン会議の機能に関しては、他のビジネスチャットツールと同等といった印象だが、ファイル共有についてはMicrosoft Teamsならではの優位性がある。WordやExcelなどOfficeアプリで作成した書類を、Microsoft Teams上で直接編集できるようになっているのだ。 編集はWeb版のOfficeを使うため、一部機能が制限されているが、ちょっとした編集作業程度なら十分行えるはず。もちろん、複数のスタッフで一緒に編集ができるほか、ファイルを開いた状態で、同時にチャットを行うことも可能になっている。ちなみにOffice365を利用している場合は、Web版のOfficeだけでなくデスクトップアプリと連携させることも可能だ。 これらの機能はPC版のみだが、Officeがインストールされていないパソコンでも、WordやExcelのファイルを共有しながら作業できるのは、テレワーク推進にも威力を発揮してくれることだろう。 主な機能が無料で利用できる点も魅力。ビジネスチャットツール入門にも最適 そして何より大きなメリットは、Microsoft Teamsの主な機能が無料で利用できることだ。しかも、無料版でも最大300ユーザーまで参加できるほか、ファイルストレージの容量もユーザー1人あたり2G、共有ストレージ10GBと、かなり太っ腹な仕様になっている。もちろん有料版(Office 365 Business EssentialsやOffice 365 Business Premiumのサービスに含まれる)へのアップグレードもできるので、まずは無料版で使い勝手を試してみると良いだろう。 最後にまとめておくと、ビジネスチャットツールとしてMicrosoft Teamsの魅力は、やはりOfficeとの親和性だ。他のツールの多くが、プロジェクト管理やスケジュール確認を行うために新たなアプリの使い方をおぼえる必要があるのに対し、Microsoft TeamsならExcelで作成したプロジェクト管理シートを共有したり、Outlookと連携(有料版のみ)させたりと、使い慣れたツールを流用できるのが嬉しいところ。本格的な導入の前に、ビジネスチャットツールの便利さを体験してみたい場合には、特にオススメのサービスといえるのではないだろうか。