富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

海外の不動産を購入するときの注意点について

モトリーフール・香港支局、2018 年12 月18 日投稿記事より

香港の不動産市場は、小さいのにひどく高額のマンションにより評判が悪いです。

最近の市場の下落にもかかわらず、元朗区にある真新しい270平方フィート(約25平方メートル)のマンションは、400万香港ドル以上の価格となっています。

これとは対照的に、バンコクや大阪では、その価格の4分の1で大きさは2倍の良好なマンションが購入できます。

最大7%の賃貸利回り、わずか25%の頭金、そしてあなたのお気に入りの休暇の場所で不動産を所有するという憧れを考えると、海外不動産投資は非常に魅力的に見えます。

ですからあなたは、不動産業者によって用意された素晴らしいカクテルレセプションに招待されるのです。

おいしいマティーニ、カナッペをいただきながら、タイのスクンビットにあるシックな500平方フィート(約46平方メートル)の家を所有するというビジョンを聞くことは、抵抗するには魅力的すぎるものです。

しかし、100,000タイバーツの保証金支払いのためにクレジットカードを切る前に、もう一度考えてみてください。(なお私は、カクテルレセプションにクレジットカードを持っていくことはお勧めしません。)

海外への投資は、自国への投資よりも、はるかに多くのデューデリジェンスが必要となります。

あなたは自国にいるのと同じ知識、つながり、あるいはサポートシステムを有していません。

あなたが他国に投資するにあたって「香港よりも安いから」というだけで決めるのは非常にリスクがあります。

海外への投資をする前に、まずこれらの要因を考慮してください。

海外不動産
(画像=Getty Images)


あなたはその不動産をどの程度知っていますか?

広告の情報はあてにできません。

物件の近所や住民について何を知っていますか?

その地域の不動産の供給は限られていますか、それとも急速に拡大していますか?

物件数は人口全体と比較して多いですか、少ないですか?

対象不動産は、この地域の平均価格ですか?

この地域の物件は、どのくらい頻繁に持ち主が変わりますか?


不動産開発会社をどの程度知っていますか?

その会社の評判は良く、しっかりしていますか?

上場企業ですか?

バイヤーや請負業者と大きな紛争があったことはありますか?


不動産購入後のサービスはどうですか?

あなたがその不動産に住む予定がないのであれば、この点について徹底的にチェックし吟味する必要があります。

不動産のリースを行い、その後の物件売却を処理するためには、代理人に頼る必要があります。

このプロセスにおいては、物事がスムーズに進まない場合もあります。

海外での訴訟は高価で、時間がかかることを忘れないでください。


所有権に関する法律や税制を知っていますか?

土地や不動産物件の所有権は、国によって法律が大きく異なります。

あなたがどんな権利を正確に購入しているのか、特に土地の所有権に関して正確に理解していることを確認してください。

それは自由保有権ですか、それとも借地権ですか?

これは、多くの国で土地と建物が別々に課税される課税構造と結び付いています。

所有権に固定資産税があるかどうか、そしてそれらがいくらかかるかにも注意してください。

これは、管理費、維持費、および光熱費に加えて、この不動産を所有するためのランニングコストの一部を構成します。


不動産を購入する外国人に対する政府の方針を知っていますか。

ほとんどの国では、特に税金に関して、外国人が不動産を購入するための特別な法律があります。

また、購入時に正式に外国人の身分を政府に宣言する必要があるかもしれません。

不動産を購入する前に、必ず不動産業者だけでなく、その国の地方自治体に確認してください。


為替リスク

これは、あなたがそのリスクを負うかどうかの決断次第です。


住宅ローン

住宅ローンを組む必要がある場合は、より一層の注意が必要です。

あなたが居住者でもその国の就労ビザを持っている人でもない場合、銀行はあなたに住宅ローンを組ませてくれません。

しかし、多くの不動産開発会社が、外国人購入者のために住宅ローンを手配してくれます。

この場合、返済条件と金利を確認し、それらを地元の銀行の条件と比較してみてください。

もし現地に友人がいれば、その人からの助言が役に立ちます。

海外の不動産への投資は、時として有益です。

しかし、成功するためには、まず上記のようなポイントを確認しなければなりません。(提供:The Motley Fool Japan



フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。