富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

最小努力で最大効果を実現 マトリックスの本格マシンのある生活

エンリッチ_MATRIX

多忙な日々の合間にジムでトレーニングを続けるビジネスパーソンにお勧めしたいのが、ジムクオリティのマシンを自宅に導入するという選択肢。実際に多くのスポーツクラブでも使われているブランド、マトリックスのトレッドミルとバイクがあれば、ジムと比較しても遜色のないトレーニングが自宅でも可能となる。毎日のジム通いの時間を省き、24時間365日自宅で思う存分トレーニングに集中できる空間があることは、大きなメリットだろう。

わずか数分の時間に高強度のトレーニングを集中させる「HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)」など、時短トレーニングが大きな注目を集める昨今。仕事でもプライベートでもムダなく効率的に結果を出すことができれば、より充実した毎日が手に入るだろう。

参考:「HIIT(ヒート)最短4分で脂肪燃焼」

1回4分の高負荷運動を週3回
トレッドミルによるHIIT

エンリッチ_MATRIX_1

トレッドミル「TF30-XIR」。ジム仕様のスペックを保ちつつ折りたたみ機能も実現している。

ジムユースのマシンとほぼ同性能の「TF30」あれば、雨の日でも風の日でも快適なランが可能となる。もちろん、耐久性もプロ仕様なので毎日のタフな使用にもへこたれることはない。

「TF30」に内蔵されている「スプリント8」は、マトリックスが提供する1回20分のHIITプログラム。30秒の高負荷運動と90秒のリカバリーを1セットとして計8回繰り返す。120秒×8で960秒、つまり16分。そのうちの全力で行う運動時間は30秒×8の240秒、わずか4分だ。8セット16分に運動前後のウォームアップとクールダウンの時間を加えて計20分というわけだ。

スプリント8では「初心者」「中級者」「上級者」「エリート」「カスタム」の5コースが選択可能。年齢と体重を入力して、選んだコースにより運動の負荷、傾斜が自動的に変化する。

エンリッチ_MATRIX_2

あなたに最適なレベルのトレーニングプログラムを提供。もちろん、全力のランでも問題ない耐久性。

HIITの脂肪燃焼効果は有酸素運動の約6倍といわれ、スプリント8を週3回、8週間続けることで、成長ホルモン促進、脂肪燃焼(最大27%)、筋力増強に効果があることが実証されている。運動後にも長時間の脂肪燃焼を実現させるアフターバーン効果によるもので、積極的に取り入れるユーザーが増加中だ。

近場のジムへの往復程度の時間で済む1回20分のスプリント8。週3回のトレーニングを8週間ほど継続したときのベネフィットは科学的にも実証されている。出勤前のワークアウトとしてこなせば、脂肪燃焼効果が高まったままの状態で1日を過ごすことができる。その時短効果は絶大だ。ジムと異なり、周囲の視線を気にせず全力疾走できるのも自宅マシンならではのメリットかもしれない。

「バーチャルアクティブ」で
自宅にいながら世界の名所を走る

マトリックスの「TF30」はヘビーユーザーだけのマシンではない。美しい映像を見ながら気持ちよくトレーニングをしたいライトユーザーの要望にも応えてくれる。タッチパネル式のコンソール「XIR」に内蔵されている「バーチャルアクティブ」を使えば、自宅で雄大な景色を楽しみながらトレーニングに励むことができる。

映し出される景色は走るスピードに合わせてスクロールして、坂道にさしかかれば実際にマシンの傾斜も上がるというまさにバーチャルな仕様。映像と効果音、コースが連動することで臨場感あふれるトレーニングを実現する。アメリカの大自然を眺めながらのランは、単調になりがちな室内でのトレーニングを張りのあるものにしてくれるだろう。

エンリッチ_MATRIX_3

「パスポートプレーヤー」を使えば、大画面のテレビに映像を表示することができる。こちらには「アメリカンサウスウエスト」と「北イタリア」の2コースが初期搭載されている。

別売りの「パスポートプレーヤー」を使うことで映像を外部のテレビやモニタに映し出すことができる。より大きな画面で流れる景色を見れば、運動効率もさらにアップするだろう。同じく別売りの3種類の「ビデオパック」を導入すれば、バンクーバーやニュージーランド、パリやイタリアン・アルプスなど、それぞれ6 つの新たなコースを楽しめる。ときにイージーに、ときにハードに、ユーザーのレベルやその日の気分に合わせて最適なトレーニングを楽しめるわけだ。最新のテクノロジーにより、従来のフィットネスイメージを大きく変えるワンランク上の体験を提供する。それがマトリックスのマシン。

直観的に操作できる
タッチパネル仕様のコンソール

「TF30」の快適な操作性を実現するのが、16インチの鮮やかなHDタッチスクリーンのコンソール「XIR」だ。単なる操作パネルではなく、Wi-Fiに接続することでインターネットブラウザ、フェイスブックやツイッターなどのSNS、YouTubeやNetflixの映像コンテンツを楽しめる。

エンリッチ_MATRIX_4

大型のアイコンで視認性も抜群。15分間使用がない場合は自動的にスリープモードとなる省エネ設計。

さらに、Bluetooth、USBコネクタを搭載しているのでスマホや音楽プレイヤーを接続すれば、高音質のスピーカーでお気に入りの音楽を聞きながらトレーニングができる。

エンリッチ_MATRIX_5

トレーニングは継続することが大事。音楽や映像で気分を変えながら、新鮮な気分で取り組みたい。

また、付属している「POLAR(ポラール)」のトランスミッターを併用することで、運動中の心拍数の変化をリアルタイムで確認できるようになる。心拍数が重要なHIITにとって、これは嬉しい機能だ。

The post 最小努力で最大効果を実現 <br>マトリックスの本格マシンのある生活 appeared first on ENRICH(エンリッチ).