富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

日経平均は堅調だが上値も重い 日々是相場 -夕刊- 2019年2月25日

☆ テクニカル分析 ☆

日経平均

上に放れた形ではあるのですが、気迷い線となっています。明日が寄り付きから安いといったん調整となるものと思います。明日も上に放れるとさらに警戒感が出てくると思います。

☆ 本間宗久相場三昧伝 ☆

堅調な相場が続いていますが、やはりいつでも「天井底」を見極めて、慎重に動くということが良いのだと思います。ここでは21,500円を超えたから売りたいという動きと、超えたから買いたいという動きがせめぎあうところでもあり、どちらに動いても正解であるあるような失敗であるような感じになります。

本間宗久は買い遅れたときはただ買い場を待つべきだということを言っています。「相場三昧伝」で伝えられているものに「米買うべしと見込み候とき、二俵も引き上がるときは買い遅れしと心得、却って売り方になることあり。是、甚だ誤りなり。買い遅るるときは、唯、買い場を待つべし」といっているのです。(提供:Investing.comより)

chart
(画像=Investing.com)

著者: 清水 洋介