富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

日経平均は下げ渋り、案外強い!? 日々是相場ー夕刊ー

 21,000円を割り込んでの引けとなりました。こうなると手仕舞い売りが嵩むということもありそうで、買われすぎた銘柄などの買戻し一巡となったものから売られるということもありそうです。ただ、日経平均VIがいっこうに上昇するということでもなく、案外底堅い動きとなっており、売られすぎ銘柄などが買い直されて、指数も案外底堅さがみられるのではないかと思います。

 ☆ テクニカル分析 ☆

 日経平均

昨日の安値を割り込んだことでさらに調整感が強まりました。20,800円~21,400円水準での動きと想定されますが、20,800円を割り込むかどうかということになりそうです。

 ☆ 本間宗久相場三昧伝 ☆

 何度も話をしていることなのですが、相場格言の中では「人と同じことをやりなさい」というような格言は全くありません。逆に人の反対のことをしなさいとか、人の話は聞いてはいけないというような格言が多く、投資の世界では「天邪鬼」が勝つということなのだと思います。  本間宗久の言葉として伝えられているものもご多分に漏れず、「天邪鬼」な言葉が多く見られます。簡単に言うと「逆張り」ということなのですが、単純に売られたから買う、買われたから売るということでもなく、売られすぎて底値を付けたら買う、買われすぎて天井を付けたから売るというのが良いということです。(提供:Investing.comより)

日経平均と騰落レシオ
(画像=Investing.com)

著者:清水 洋介