富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

新型iPod touchはARKitアプリやグループFaceTimeが利用可能

Apple(アップル)はA10 Fusionプロセッサを搭載した新型iPod touchを発表した。それ以外は、4インチのディスプレイやクラシカルなホームボタン、さまざまなカラーオプションなど、旧モデルのiPod touchと非常に似ている。

A10 FusionプロセッサはiPhone 7とともに登場した。つまり、そのパフォーマンスはiPhone 7とおおよそ変わらないということだ。前モデルのiPod touchと同じように、新モデルもiOS 12をサポート。しかし、今モデルではARKitのアプリやグループFaceTimeによる通話を利用できる。これは、前モデルに搭載されていたA8プロセッサでは実現できなかった機能だ。

iPod touchは2015年以来アップデートされなかったので、この動きは驚きだ。多くの人は、アップルがiPhoneにフォーカスしており、通話機能のないスマートフォンには需要が少ないと考えていたからだ。端末はTouch IDやFace IDをサポートせず、パスコードを使うことになる。一方、端末の底面にイヤホンジャックが存在することは注目に値する。

それでも、iPod touchはiPhoneに比べると安い。32GBモデルは199ドル(2万1800円)、128GBモデルは299ドル(3万2800円)、256GBモデルは399ドル(4万3800円)となっている。

このようなデバイスには、さまざまな可能性がある。例えば、子供やスマートフォンが必要ない人にとってのスタンドアロンの音楽/動画プレーヤーとして最高だ。また、Sonosのスピーカーやその他のスマートスピーカーの音楽用リモコンとしても使える。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter