富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

投資のネタ探しにもなる「面白い経済番組」5選

テレビを情報源として利用している人もいると思います。テレビは速報性に優れていて、中には雑誌の特集を読むような面白いテーマを扱う経済番組もあります。楽しみながら投資のネタ探しにもなる経済番組にはどのようなものがあるのでしょうか。

『ガイアの夜明け』――ニッポンの再生に奮闘している人を追うドキュメンタリー

投資,ネタ,経済番組
(写真=lovelyday12/Shutterstock.com)

『ガイアの夜明け』は、テレビ東京系列で毎週火曜日夜10時~10時54分に放映している経済ドキュメンタリー番組です。現在放映されている経済番組の中では2002年スタートと歴史も長く、知名度も高い番組です。

ナビゲーターは俳優の江口洋介。ガイアとは地球のことを指し、番組名には「夜明け=ニッポンの再生」という意味が込められており、ニッポンの再生のために奮闘している人たちの姿を追う本格的ドキュメンタリーです。

2019年3月の放映ラインアップは、「会社は誰のものか」「看護師・保育士“絶望職場を救え”」「ヒット商品の新方程式!」「企業再生決断のとき」と、比較的硬派な内容が目立ちます。

『カンブリア宮殿』――企業・団体の代表者をゲストに招いてトークする

『カンブリア宮殿』は、テレビ東京系列で毎週木曜日夜10時~10時54分に放映している経済トーク番組です。

進行役として作家の村上龍とタレントの小池栄子が務めますが、『ガイアの夜明け』と異なるのは、こちらの番組は企業や団体の代表がゲストとして出演することです。

村上龍によって引き出される各代表のコメントは、しっかりした経営哲学に根ざしたものがベースにあるだけに、各企業・団体の本質が見えてきます。経営者や経営哲学を知るにはもってこいの番組と言えるでしょう。

2019年3月に登場した企業・団体は、価格だけで勝負しない家具メーカー「ワイス・ワイス」、絶品&独自の鶏ビジネスを展開する鶏肉メーカー「トリゼン・フーズ」、顧客満足度ナンバーワンのグルメ系回転寿司店(株)「銚子丸」、温泉町の再生として草津と湯沢のケースを取り上げた「逆襲温泉スペシャル」で、上場企業や中堅企業、温泉町などと幅広いラインアップでした。

『ワールドビジネスサテライト』――経済ニュースだけでなく世の中のトレンドもわかる

『ワールドビジネスサテライト』は、テレビ東京系列で月~金曜日の午後11時~11時58分まで放映している経済ニュース番組です。メインの進行役を知性派の女性キャスターが務めることで知られ、初代キャスターは小池百合子東京都知事でした。

番組タイトルにビジネスが入っていますが、経済以外の一般のニュースも取り上げているため、今日一日の出来事がわかります。

ニュースのほかにも、トレたまレポーターが新商品や新サービスを体験レポートする「トレンドたまご」や、行列ができる人気の店を紹介する「THE行列」、長い間人気を保っている商品を紹介する「ロングセラー研究所」、モノやサービスの人気ランキングを紹介する「白熱!ランキング」などもあり、投資のヒントになるトレンドを知るにはいいでしょう。

番組中に海外の株式市場や外国為替市場の数値がリアルタイムで表示されるので、就寝前のチェックに欠かせません。

株式の専門番組ではリアルタイムに実況してくれる

このほか株式投資をしている人が多く見ている番組としては『東京マーケットワイド』や『日経CNBC』があります。

『東京マーケットワイド』は、地上波のMXTV(東京メトロポリタンテレビジョン株式会社)で月~金曜の午前8時30分~11時40分、午後12時29分~15時20分まで放送している株式実況番組です。

人気の株式アナリストや経済評論家などがキャスターを務め、多彩なゲストの話を交えつつ、刻々と変化する相場の状況を伝えます。

『日経CNBC』は、BSやスカパー、インターネットで視聴する有料のマーケット・経済専門チャンネルです。画面下にリアルタイムの株価が表示され、視聴するには月額972円(税込)が必要です。

株式投資を始めたばかりの人は、まず無料放送の『東京マーケットワイド』で相場の流れをつかみ、投資の成果が上がってきたら『日経CNBC』を追加するのもいいでしょう。

どういう投資をするのかによって使い分けたい

テレビ離れと言われていますが、今回紹介した経済・ニュース番組から、投資のヒントが見つかるかもしれません。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは