富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

感謝祭で注目される米国銘柄

モトリーフール米国本社、2019年11月8日投稿記事より

米国では、今年も感謝祭に向けた季節がやってきました。

ホリデーギフト、感謝祭の七面鳥、お祝いのセーターなどを買う季節です。

また、感謝祭関連から恩恵を受ける企業の株に注目するいい機会です。

パーティー
(画像=Getty Images)

アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)

世界最大のオンライン小売企業のアマゾンは、景気が良く人々の購買意欲が強い場合には、明確な勝者となります。

アドビシステムズの小売業に関するアナリティクスによれば、米国のオンライン売上高は、今年のホリデーシーズン(11月1日から12月31日まで)には前年同期比14%増加して1,430億ドル(約15兆4000億円)に達すると予想されています。

感謝祭(11月28日)に続く月曜日(12月2日、サイバーマンデー)の売上は、昨年から19%増の94億ドルという記録的な水準に達すると見込まれ、感謝祭当日の売上は約20%増の44億ドルに達すると予想されています。

アマゾンにとってはさらに良いニュースがあります。

アドビは、アマゾンなどの主要小売企業が、ホリデーシーズンでは最大級の恩恵を得ると予想しています。

一部の人は、アマゾンの最良の日々は既に過去のものだと主張するかもしれません。

最近の消費者に関するファースト・インサイトの調査では、55%がアマゾンよりもウォルマート(NYSE:WMT)での買い物を好むことが示されました。これは、1年前の47%から増加しています。

それでもeマーケターによれば、オンライン市場においてはアマゾンが49%のシェアで優位を維持しており、ウォルマートは3.7%のみです。

また、アマゾンは先月、米国のプライム会員の食料品配送手数料を無料にすることを決定しました。

これは、ホリデーフードショッピングの時期に完全に照準を合わせたものです。

なお、アマゾンはPER(株価収益率)約80倍で取引されており、競合のウォルマートのPERは27倍です。

コストコ・ホールセール(NASDAQ:COST)

オンラインではなくオフラインの小売業に関しては、コストコに注目すべきとの見方があります。

コンサルティング会社デロイトの2019年ホリデー小売調査によると、コストコなどの大規模ディスカウントストアは、家族が好んでホリデーショッピングに出掛ける場所です(人々が購入したいと思っているトップアイテムは、食べ物や飲み物です)。

コストコは今年、早い時期から感謝祭のセールを開始しています。

食料品、電子機器、その他のアイテムの最初のホリデー割引が今週から始まりました。

同社の株価は約301ドルで、アナリストの平均目標株価に達しています。

なお、同社の成長は引き続き堅調で、2019年8月期の売上高は前年比で17%増加しています。

同社のPERは36倍で推移しています。

ウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)

ホリデーシーズンは通常、ライドシェアリング(配車サービス)の売上にプラスに働きます。

ライドシェアリング大手のウーバーの経営陣は、12月を1年で最も忙しい月として挙げています。

12月1日以降、ユーザーはホリデーパーティーに出入りするための安全な乗り物の利用を開始し、その需要は1カ月間続きます。

なお、ウーバーに関しては、アマゾンやコストコよりも短期的に業績を確認することが必要です。

5月のIPO(新規株式公開)以来、ウーバーの株価は35%下落しています。

IPO後のロックアップ期間は、市場と株価の混乱を避けるために大株主の株式売却が許可されませんでしたが、その期間は11月6日に終了し、株価の低迷が続いています。

11月上旬に発表された第3四半期(7~9月)決算では、売上高は前年同期比30%増の38億ドルでアナリスト予想を上回り、ダラ・コスロシャヒCEOは、2021年に黒字転換を目指していると述べました。

ウーバーの業績見通しと株価に注目すべきとの見方があります。

ウーバーのPSR(株価売上高倍率)は3.5倍程度で推移しています。

なお、感謝祭関連で注目される他の米国銘柄としては、アマゾンの項で言及した米小売最大手のウォルマートやディスカウントストア大手のターゲット(NYSE:TGT)があります。(提供:The Motley Fool Japan


免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Adria Ciminoは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール米国本社は、コストコ・ホールセール株とウーバー・テクノロジーズ株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、コストコ・ホールセール株に関する以下のオプションを推奨しています(2020年1月の180ドルのショート・コール、2020年1月の115ドルのロング・コール)。