富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

後輩からの質問に答える金融実務の説明マニュアル【第16回】総合口座の取扱い

口座
(画像=PIXTA)

基本編

先輩!教えてください
「総合口座とは何か」と聞かれました…

こんな質問への回答方法

総合口座をひと言でいえば、「普通預金+定期預金+定期預金を担保とした当座貸越」が一体となった口座です。1972年8月に、当時の都市銀行13行が、一斉に取扱いを開始しました。他の業態も順次それにならっていったため、現在では各地で幅広く利用されています。

総合口座の当座貸越は、当座預金と連動する貸越契約ではありません。普通預金の残高不足時に、自動的に定期預金を担保差入(質権設定)することで、当座貸越が利用でき、残高不足を補う融資機能が付加されているのです。貸越金の返済は、貸越金残高に達するまで、普通預金への入金金額が自動的に充当される仕組みになっています。

定期預金は自動継続型