富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

富裕層だけが利用できる「プライベートバンク」ではこんなサービスが受けられる

富裕層だけが利用できる、プライベートバンクの存在をご存じでしょうか。預け入れ資産額1億円以上の顧客を対象としたプライベートバンクでは、一般の銀行とは異なる手厚いサービスを受けることができます。今回は、気になるプライベートバンクの実態に迫ります。

預かり資産1億円以上で利用できるプライベートバンクの中身

富裕層,プライベートバンク,サービス
(写真=jesterpop/Shutterstock.com)

プライベートバンクとは、審査を通った富裕層だけが利用できる金融機関を指します。プライベートバンクの多くは、預け入れ資産を1億円以上としているため、富裕層でなければ顧客になることができません。

海外では、プライベートバンクを専業で行う会社もあります。日本では、銀行や証券会社など、すでに金融関係の事業を行っている企業がプライベートバンク事業に乗り出すケースが多いようです。

一般では利用できないプライベートバンクで気になるのが、そのサービスの中身です。サービスの内容はプライベートバンクごとに異なり、さらに同じプライベートバンクでも、口座を開設する国によってサービスの質が変わります。

金融市場が成熟していない国でプライベートバンクの口座を開設すると、国の規制やルールの変更によって、途中から資産の扱い方が変わる可能性もあります。海外のプライベードバンクでは、個人の資産に対して責任を負うスイス系のプライベートバンクが有名です。海外に資産を預けるのは難しいという人は、日本国内の金融機関のプライベートバンクで口座を開設してみましょう。

具体的なサービス内容について

ここからは、国内のプライベートバンクを中心に、そのサービス内容について見ていきましょう。

三菱UFJ信託銀行のプライベートバンキング

資産運用コンサルティング、資産承継コンサルティング、資産管理の提案・運用、不動産コンサルティング、企業コンサルティング、融資などのサービスを提供しています。ごく一般的なサービス内容ですので、国内の銀行や証券会社を利用している人にとっては活用しやすいプライベートバンクといえるでしょう。

三井住友信託銀行

資産家個人なら生前贈与や相続、不動産投資のためのサービス、社会貢献のための寄付信託、公益信託などのサービスが受けられます。企業のオーナーであれば、企業コンサルティング、M&Aについてのアドバイス、事業承継のコンサルティングなどのサービスが受けられます。

また、エグゼクティブ資産運用プランという特別なプランが用意されており、3ヵ月のスーパー定期預金、投資と定期預金のダブルで申し込む投資運用コース、外貨定期コースなどに申し込むことができます。

そのほかの特別サービス

富裕層・超富裕層が顧客層のプライベートバンクは、高級ホテルの高層階にオフィスを構え、特別な顧客のみを招待するようです。また、子どもの教育プランのサポートをするサービスも行っているプライベートバンクも多いようです。

時間がない富裕層にとって、いいパートナーになってくれる

富裕層がプライベートバンクを利用する理由は、資産を守りつつ、運用してもらいたいからにほかなりません。日々を忙しく過ごしている富裕層にとって、信頼してお金を預けられるプライベートバンクは、心強いパートナーのような存在となるでしょう。

資産を運用するよりも保全したいと考える人には、それにあったポートフォリオを作成し、自分の死後の相続税が気になる人には相続税が軽減されるよう有益なアドバイスをします。プライベートバンクを利用することで、こうした資産に関する不安や悩みから解放されるかもしれません。

資産が増えたらプライベートバンクを活用してみよう

古くは、海外の貴族や富豪の資産を守るために生まれたプライベートバンクですが、日本では資産運用の色合いが濃く、銀行や証券会社のサービスの一部という印象です。

総資産が数億円以上で、さらに手厚いサービスを期待するのなら、海外のプライベートバンクの利用も選択肢の一つに入れてみましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは