富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

子宮が2つある女性。最初の出産から26日後に、別の子宮から双子を出産

赤ちゃんと親のイメージ写真

バングラデシュ南西のジョソール県に住む女性が、一人目の子供を産んだ26日後に双子を産み、非常に稀なケースとして注目を集めている。

最初の出産後、女性はお腹に双子がいることに気づいていなかったという。

26日後に気がついた、双子の存在

バングラデシュのニュースサイトbdnews24.comによると、20歳のアリファ・スルタナ・イティさんは2月25日、クルナ医科大学で男の子を出産した。

それから26日後の3月22日、イティさんは体調を崩して別の病院に駆け込んだ。

「彼女は、双子を妊娠していることに気がついていませんでした。最初の出産から26日後に破水し、病院に駆け込んできました」と、イティさんを担当した産婦人科部長のシーラ・ポダー医師は、AFP通信に説明する。

ポダー医師は超音波検査をして、イティさんにふたつ子宮があることに気がついたという。

双子は最初の男の子とは別の子宮で育っており、3月22日に帝王切開で生まれた。女の子と男の子だった。

「とても稀な出来事です。私自身は、こういったケースを初めてみましたし、今まで聞いたことありません」とポダー医師はbdnews24.comに話す。

母子ともに容体は安定していて、イティさんと三人の子供は、3月26日に自宅に戻った。

子宮がふたつある「重複子宮」

子宮が体内にふたつある状態は「重複子宮」と呼ばれる。

アメリカの総合病院メイヨー・クリニックによると、重複子宮は胎児の発達段階で起きる。

胎児の体内で、子宮は2つの小さなチューブ状の器官として始まる。成長するにつれてそのチューブが結合し、一つの子宮を作る。ただ、稀にチューブが完全に結合せず、それぞれが別の子宮を作ることがあるという。

生理がありながら妊娠していたケースも

2018年12月にも、重複子宮を持つ女性が、妊娠に気がつかないまま赤ちゃんを出産する出来事があった。

イギリスに住む18歳のエボニー・スティーヴンソンさんは12月2日、発作を起こして病院に運ばれた。

スティーヴンソンさんを診た医師は、「妊娠高血圧腎症」と診断したとBBCは伝える。

つわりやお腹の膨みなどの症状がなく、スティーヴンソンさんは妊娠に気がつかなかった。生理も続いていたという。

赤ちゃんは帝王切開で12月3日に生まれた。スティーヴンソンさんが赤ちゃんと対面したのは、昏睡から目覚めた12月6日だった。

「昏睡から目覚めて、『あなたは妊娠していて、女の子を産みました』と告げられるのは、少なくとも圧倒されるような経験でした」とスティーヴンソンさんは振り返る

「赤ちゃんと対面しても、現実とは思えませんでした」

初めは混乱したが、母親に説明してもらって状況を理解したスティーヴンソンさん。赤ちゃんを抱いた時のことを「とても美しい瞬間だった」と話していた