富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

基準価額とは?投資信託の基礎知識をおさえておこう

投資信託の基準価額とは、投資信託一口あたりの値段のことです。

投資信託には取引単位があり、それは「口(くち)」と呼ばれています。

運用を開始する時点では一口1円で購入できた投資信託は、運用開始後、一口の値段が運用成果によって変動します。

多くの投資信託では、基準価額は当初1万口1万円で設定され、その後の運用成果により変動するのです。

基準価額の算出方法は、以下の通りです。

  • 基準価額 = 純資産総額 ÷ 口数

純資産総額とは、投資信託の大きさのこと。

たとえば、100人の投資家が10万円ずつ投資(1万口当たり1万円のファンドを10口購入)したとします。

その時の合計金額1,000万円が純資産総額です。

そして、投資の専門家であるファンドマネージャーが株式で1,000万円分運用を行い、その株式が1,200万円に値上がりしたとします。

その時の純資産総額は1,200万になります。

ただし、実際の純資産総額は投資信託で運用している株式や債券などの時価総額の他に、利息や配当金などその他の収入を合わせ、そこから運用費用などを差し引いた金額です。

基準価額は投資信託の値段のことで、純資産総額を口数で割ったものです。

先ほどの例で考えると、最初の純資産総額は1,000万円、口数は1,000口(100人×10口)なので、基準価額は以下の通りです。

  • 基準価額=1000万円÷1000口=1万円

運用している株価や債券の値上がりによって、純資産総額が1,200万になった場合、基準価額は以下のようになります。

  • 基準価額=1,200万円÷1000口=1万2,000円

基準価額は、運用している金融資産の総額によって変わります。

投資信託の買いが増えたからといって基準価額が上がるわけではありませんし、投資信託の売りが増えたからといって基準価格が下がるわけではありません。

投資信託に対する需要と供給ではなく、投資信託が保有する資産の増減によって基準価格の値は変化するのです。

基礎知識
(画像=Getty Images)

基準価額は1日1回算出される

証券取引所に上場している株式は、市場が開いている間は株価が常に変動します。

そしてその時の株価(時価)で売買が可能です。

しかし、一般的な投資信託の基準価額は、投資信託に組み入れている株式や債券などの終値をもとに算出され、一日に一つの価格として公表されます。

証券会社や運用会社によって更新時間は異なります。

たとえば、楽天証券での更新時間は以下の通りです。

  • 速報値:当日21:30ごろから0:00までに順次更新
  • 確報値:翌日6:00ごろに更新

基準価額が公表されるのは、投資信託の取引の申し込みを締め切った後です。

投資家は、当日の基準価額がわからない状況で、投資信託を購入する必要があるのです。

基準価額が動く要因

投資信託の基準価額は1日1回決まりますが、その変動要因としては主に次の2つがあります。

保有している株式や債券の運用損益

投資信託が保有している株式や債券の時価評価が上がれば純資産総額は増加し、基準価額の上昇要因になります。

逆に、時価評価が下がれば純資産総額は減少するので、基準価額の下落要因となります。

投資信託は運用をすべて任せることができますが、株式や債券の時価評価は国内や海外の経済状況や企業業績などによって変動。

たとえば、輸出企業を多く組み入れている投資信託なら、円安が進むことは保有株価が上昇する要因となり、基準価額も上がります。

自分が保有している投資信託が何に投資して、基準価額がどのような時に変動するのかということをきちんと把握しておきましょう。

投資信託の目論見書に投資先や運用方針などの詳しい情報が記載されているので、確認することができます。

分配金

分配金とは、投資信託が株式や債券に投資して得た利益を、保有口数に応じて投資家に分配することです。

分配金は、投資信託の信託財産(投資信託が保有している資産)から支払われます。

分配金が支払われると純資産総額と基準価額が下落します。

ですから、分配金を毎月出している投資信託や、積極的に分配する方針投資信託は、そのぶん基準価格が低くなるのです。

投資信託のトータルリターンとは

ほとんどの投資信託の基準価額が1万円からスタートします。

ただ1万円を超えるものがいい投資信託で、1万円を切るのが運用の悪い投資信託とは必ずしもいえません。

分配金を出すと、そのぶん基準価額が下がるからです。

そのため、運用報告書や運用レポートでは、分配金を再投資した場合の基準価額(トータルリターン)の運用成績が掲載されているものがあります。

投資信託の運用成績を判断する際は、なるべくトータルリターンで判断するようにしましょう。

まとめ

基準価額とは、投資信託一口当たりの値段のことです。

ただし、株価のように需給によって決まるのではなく、保有している株式や債券の時価評価を示しています。

ですから、単純に基準価額が高い・低いといった基準で取引の判断をするものではありません。

基準価額が高いということは、保有している金融資産の評価額が上昇したことによって高くなっている可能性が高いので、これまでの運用成績が順調だと考えられます。

しかし、基準価額が低くても、それまでの分配金がどれだけ出ているとかといったことを把握する必要があります。

そのためには、純資産総額や基準価額の推移だけでなく、過去から現在までのトータルリターンも確認しておくようにしましょう。(提供:The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。