富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

国民民主党・玉木雄一郎代表「憲法改正議論を進める」と発言 「私ね、生まれ変わりました」

国民民主党の玉木雄一郎代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は7月25日、インターネット放送「文化人放送局」の番組に出演し、憲法改正議論を進める立場を明言した。

玉木代表は、参院選を振り返り、「反省です。我々モリカケ問題(森友・加計学園問題)、国会でかなりの時間取りましたから、結果として国政の重要課題について、議論する時間が少なくなってしまったこと、それを国民の皆さんに示すことができなかったこと、これは本当に反省しなければいけないと思います。本当にお詫びを申し上げたいと思います」と語った。

そしてこう、切り出した。

「私ね、生まれ変わりました」

「安倍総理、確かに総理の考えとは違いますけど、憲法改正の議論はしっかり進めていきましょう」

玉木代表は、これまでの国民民主党は「オーソドックスに改革中道路線できた」が、「どっか尖らないといけません」と考えていることを明らかにした。

「本来の我々の姿なんだけど、あんまり遠慮せずにね、これからの日本にとって必要だと思うことは、バシバシ言うことで、憲法の話もね、我々としても憲法の改正議論を進めていきますし、安倍総理にもぶつけますよ。だから安倍総理にも受けとってもらいたいですよ。秋波を送ってくれているのは新聞で見たんですけど」と続けた。

ここで進行役の生田よしかつさんから「下手するとさ、一本釣りされちゃうよ」と問いかけられると、

「一本釣りされたら意味がないんですよ。細野(豪志)さんみたいになっちゃうんで」と答え、「組織として一つの考えをまとめてね、党と党として、最終的には党首と党首として、話をさせてもらいたいですね」とした。

「私たちは憲法議論しっかりやります。総理の4項目には必ずしも賛成ではありません。ただ憲法議論は国の最高法規ですから、やりましょう」

時事通信によると、安倍首相は参院選で憲法改正発議に必要な3分の2を改憲勢力が割り込んだことを踏まえ、憲法改正に向けて、国民民主党側に協力を呼び掛けているという。

■「安倍政権が進めようとしている憲法『改定』に反対」とする要望書にサイン

参院選に向けた政策要望書を「市民連合」から受け取り、記念撮影する国民民主党の玉木雄一郎代表(前列左から3番目)ら=5月29日、東京・永田町の参院議員会館


国民民主党が参院選中に掲げた「政策INDEX2019」では憲法について「時の権力が自らの倫理観を国民に押しつけるものではないことを確認して、国民とともに憲法の議論を進めます」と示しており、憲法改正議論をしないとはしていない。

ただし玉木氏は、参院選前の5月29日には野党共闘を呼びかける団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が示した「立憲野党4党1会派の政策に対する市民連合の要望書」に立憲民主党、日本共産党、社会民主党、社会保障を立て直す国民会議の代表と共にサインしている

そこでは憲法については、こう示されている。

安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲発議そのものをさせないために全力を尽くすこと

自民党は、参院選の公約の中で憲法改正について「結党以来の党是」とし、4つの項目を示している。

わが党は改正の条文イメージとして、①自衛隊の明記、②緊急事態対応、③合区解消・地方公共団体、④教育充実の4項目を提示しています。