富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

吉本興業「テレビ局が株主だから大丈夫」⇒「公平を期して時間帯に配慮」の意味だったと説明

吉本興業の複数の所属タレントが反社会勢力の関与するパーティーに出席し、事務所を通さずギャラを受け取っていた「闇営業」問題を受けて、吉本興業ホールディングスの岡本昭彦社長らは7月22日、都内で記者会見を開いた。

同社から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、謹慎処分になったロンドンブーツ1号2号の田村亮さんは20日、独自に記者会見を開いて謝罪。加えて、週刊誌報道の一部については否定し、2人に対する岡本社長の圧力とも取れる言動について告発していた

これに対して、22日の会見で同社は、報道陣に配布された資料や小林良太法務本部長による「経緯についての説明」の中で、宮迫博之さん、田村亮さんらとのやり取りでの同社側の受け止めを話した。

吉本興業側が配布した資料では、田村亮さんが会見で暴露した同社側の「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」という言葉について、「生中継する場合、当社の株主に は放送局もおり、公平を期して時間帯などに配慮が必要となる、と説明」としている。 

加えて、小林氏は記者会見の中で、12日の面談時に宮迫さんから会見を生中継したいと要望を受けての発言だとしたうえで、「宮迫さんに会見を生中継したいと言われたが、東阪各局があるので、時間を考えなくてはいけないよというようなことを伝えました。事実はこれだけ。亮さんがどういう思いでその発言をしたかはわからない」と話した。

また、田村は「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが、(中略)もともと好きだった会社がこんな風に変わってしまったんだという思いが募っていった」と話した。

会見では、宮迫と田村の2人が、会見を開きたいと再三にわたって吉本側に依頼をしていたことが明らかになった。ところが、吉本は「静観する」「時期はこちらで決める」などと答え、誠実な対応をしなかったという。

ロンブー田村亮「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やからと言われた」より(2019/07/20) 

また、2人が記者会見を要望していたのに会社側がさせなかったという主張について、小林氏は「2人だけのことではなく、所属タレント全員のことを考えて寄付先の選定、納税手続きのフォローに動いてきたが、2人には理解されずお互いの主張が対立する構図になった」とした。

2人の記者会見を受けてダウンタウンの松本人志さんが同社の岡本社長・大崎洋会長と会談。松本さんが出演する21日のフジテレビ系「ワイドナショー」に岡本社長がVTR出演して、記者会見で説明するとコメントしていた。

 

FRIDAY報道から、吉本興業の記者会見までの2週間

宮迫さんと田村亮さんの会見で明かした内容や各社の報道、吉本興業の発表を基に、その日から今までの経緯を、時系列で振り返った記事はこちら