富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

勤務時間外の連絡、「ストレスになる」が8割 「メール等を業務の一貫として意識している企業が少ない」

フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」を運営するレバレジーズは12月14日、勤務時間外の業務連絡に関するアンケート結果を発表した。調査は今年11~12月にネット上で実施し、正社員経験のある18~30歳の男女96人から回答を得た。

勤務時間外に業務に関する連絡が来たことがある人は62%、そのような連絡に対応すると回答した人は93.2%にのぼる。

過労死事件では多くのケースで業務外の連絡が影響

woman
(画像=キャリコネニュース)

勤務時間外に来る勤務先からの連絡手段を聞くと、最も多いのは「電話」で41.8%。次いで「LINE」(31.6%)、「メール」「企業で使用しているチャットツール」(同12.7%)と続く。同社は、携帯電話の普及で仕事の利便性は向上したが、相手の時間を考えずに連絡可能となる事実があると指摘する。

一方、勤務時間外に来る業務連絡に”対応しない方法”を聞くと、「無視をする」(66.7%)が最多。次いで「返信で一言添えて業務時間内で対応する」(33.3%)となった。

勤務時間外の連絡を「ストレスになる」と回答した人は83.1%。電話やメールをする側は意識がないまま行ってしまっているかもしれないが、これらの行為も立派な業務にあたる。従業員のストレス回避のためにも、業務外の連絡は控えるべきだろう。

同社は「チャットツールやメールを業務の一貫として意識している企業が少ない」といい、過労死事件で亡くなっている大半の人が業務時間外の連絡が影響しているとコメント。「便利さに頼るだけでなく、便利だからこそ起こりうる事件があると認識することが重要」としている。(提供=キャリコネニュース)


【関連記事 キャリコネニュース】
「メール禁止」を宣言する会社 ねらいは「生産性の向上」と「ワークライフバランス」
「休みの日に上司から仕事のLINEとかマジ萎え」 便利な「トークアプリ」が私生活を侵食する
「新入社員は絵を描けることを職場で言うな」に賛同多数 「字が上手い」「写真撮れる」「踊れる」も要注意
キリンビールの「飲み会説教」シーンが物議 「覚悟が足りん。やれや」という精神論で後輩泣かす
フランスのパン屋、7日連続営業は「働きすぎ」と罰金39万円 「羨ましい」「日本じゃ考えられない」