富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

助けて… メモ渡されたドミノピザ店員が通報⇒夫のDV被害から救出される

夫に暴力を受け、監禁されていたという女性が、アメリカ・テキサス州の警察に救出された。

救出の鍵となったのは、女性がドミノピザの店員に渡した、助けを求めるメモだった。

ドミノピザ店舗(イメージ画像)

救出されたのは32歳の女性で、名前は明らかにされていない。

地元警察によると、女性はピザを買うために、テキサス州アンソニーにあるドミノピザ店舗を訪れた。

「夫は女性に、店内でピザを受け取ることを許可した」と、アンソニー警察署長のカルロス・エンリケ氏は地元の新聞エルパソタイムスに説明した

「そして女性は、ピザを受け取っているときに店員にメモを渡すことができたのです」

メモには、女性が暴力を受けており、自らの意志に反して夫に拘束されていると書かれていた

メモを見たドミノピザの店員が、警察に通報。警察は、女性がニューメキシコ州チャンブリノという町から約13キロ離れた場所に住んでいることを突き止めた。

その後8月23日の午前1時に、アンソニー警察とニューメキシコ州のドニャアナ郡の警察が女性の自宅を訪れると、女性は猿ぐつわをされ縛り付けられた状態で殴られていた、とエンリケ氏は説明する。

FOXテレビによると、家庭内暴力と誘拐の罪で、22歳のロベルト・ドミンゲスが逮捕された。女性は泣いて感謝したという。女性がどれくらい拘束されていたか、明らかになっていない。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。