富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

加藤浩次、退社か「気持ち決まってる」。吉本興業社長の会見受けて『スッキリ』で

お笑い芸人の加藤浩次さんが7月23日、番組MCを務める情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、「今日夕方、大崎会長と話をします」と、自らの吉本興業の退社の可能性について言及した。

反社会的勢力の会合に出席し金銭を受け取ったとして吉本興業から契約を解消された宮迫博之さん(その後撤回)と謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮について、22日に開かれた同社の岡本昭彦社長の会見を受け、話し合いの機会を持つことを決めた形だ。

加藤さんは22日放送の同番組で、「経営側が絶対変わらないとダメ。僕はこの状況が変わらないなら、僕は退社します」と明言していた

加藤さんは23日の番組内で、「今日夕方、大崎会長と話をします。『取締役が変わらない限り、僕は会社を辞めます』と昨日の放送(22日)で言ったんで。その旨を伝えようと思っています」と語った。

「話をしてみないとわからない」とした上で、吉本興業を退社する可能性について言及した上で、「僕は気持ちとしてはもう決まっている」と、自身の意思は固まっていることを明かした。

加藤さんは22日の同番組の放送で、「(吉本の)経営側が絶対変わらないとダメ。僕はこの状況が変わらないなら、僕は退社します。昨日(21日に)ずっと考えていて...そう思いました。意見するような形になって申し訳ないんですけど、そういうつもりでいます」と、訴えていた。

所属する吉本興業に対して、「僕は吉本興業に30年在籍しているけど、岡本社長から“家族”という言葉をかけられたことは一度もない。一度も。だから今更そんな風に(家族だというように)言われても、全く心には響いてこないですよ」と厳しい言葉を残した。

加藤さんによれば、夕方行われるとみられる大崎会長との話し合いには、岡本社長は同席しない見通しだという。