富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

元BNPパリバのエクイティヘッドが自分の資産を預けたくなるスイスのプライベートバンクの魅力

『プライベートバンクの嘘と真実』の著者が語る
富裕層の資産管理
  1. 【第1回】PBとIB両面でオーナー社長を支援「ここに20億あるんだけど」と言われたときはどうする?
  2. 【第2回】学校法人を外交する金融セールスが知っておきたい「学校法人のリスク選好度」
  3. 【第3回】元BNPパリバのエクイティヘッドが自分の資産を預けたくなるスイスのプライベートバンクの魅力
  4. 【第4回】多くの金融パーソンも知らない「プライベートバンク」と「プライベートバンキング」の違い
  5. 【第5回】本当の富裕層はリスクを嫌う 「数百億の資産家」が漏らした本音
  6. 【第6回】日本の富裕層に刺さる スイスのプライベートバンクの提案
  7. 【第7回】欧州の歴史ある富裕層が活用している財団や信託とは

金融セールスにとって富裕層は重要な顧客群だ。富裕層の執事とも呼ばれるプライベートバンクではどのような資産管理が行われているのだろうか。本特集では『プライベートバンクの嘘と真実』の著者であり、株式会社アリスタゴラ・アドバイザーズ代表取締役の篠田丈 氏に聞く。(聞き手:元野村證券のZUU online編集部 菅野陽平)※本インタビューは2018年11月16日に実施されました

『プライベートバンクの嘘と真実』の著者が語る富裕層の資産管理
(画像=ZUU online)
『プライベートバンクの嘘と真実』の著者が語る富裕層の資産管理
篠田 丈(しのだ・たけし)
株式会社アリスタゴラ・アドバイザーズ代表取締役。1985年に慶応大学を卒業後、日興証券ニューヨーク現地法人の財務担当役員、ドレスナー証券(ドイツ大手金融機関)及び ING証券(オランダ最大手金融機関)でエクイティ・ファイナンスの日本及びアジア・オセアニア地区最高責任者などを歴任。直前はBNPパリバ証券(フランス最大手金融機関)東京支店の株式派生商品本部長として、日本でのエクイティ関連ビジネスの責任者。トレーディング部門の経験が長い。2011年4月から現職。著書に『プライベートバンクの嘘と真実』(幻冬舎)。※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

――独立、起業を考えるきっかけは何だったのでしょうか?

外資系の場合はですね、大体50歳前後が1つのターニングポイントで、もちろん60近くまでいようと思ったらいられるのですが、フロントオフィス、バックオフィスと分けたとき、特にフロント側というのは、やっぱり新陳代謝が激しいので。とことん上を目指していくか、会社を出るか、考えなくてはならないのが50 歳くらいですね。

外資系でとことん上に上がっていくのは、本国で上がっていくっていうことですから、そのためにはBNPパリバの場合だと、フランス語を覚えなきゃいけないとか色々あって。ちょっとやりたいこともあったので「55歳になってからだと、なかなかチャレンジしづらいだろうな」と思い、「じゃあ50歳が最後のチャレンジのチャンスだろうから…」と思い、会社を辞めました。

40代後半の外資系の社員は、みんな同じことを考えているのではないでしょうか。まあ、お金には困らないので、そのままリタイアしちゃう人もいますし。「お金が足りないけど、でも独立するリスクは嫌だ」という人は、国内の証券にまた戻っていきますね。そこは外資独特のカルチャーがありまして、外資はそれで成り立っているという部分は無きにしも非ずですね。