富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

優れた小売店舗関連REITであるリアルティ・インカムの10年後は?

モトリーフール米国本社、2019年6月18日投稿記事より

リアルティ・インカム(NYSE:O)は、米国およびプエルトリコでの独立小売店舗の保有に焦点を当てたREIT(不動産投資信託)で、優れたパフォーマンスをあげてきました。

投資家は、Eコマース(電子商取引)の拡大でリアルティ・インカムの将来に懸念しています。

REIT
(画像=Getty Images)

リアルティ・インカムの事業

サンディエゴに本拠を置くリアルティ・インカムは1969年に設立され、1994年に上場しました。

当REITは49の米国州とプエルトリコで5,876の不動産を所有し、第1四半期末現在、98.3%の稼働率を誇っています。

また、4月に同REITは英国の不動産を購入すると発表しました。

イギリスとアイルランドの大手食料品店であるセインズベリーから、5億5500万ドルで12の物件を購入します。

リアルティ・インカムの不動産収入のポートフォリオは、第1四半期末において小売り82%、工業用12%、その他6%で構成されています。

合計261のテナントのうち、5つの最大のものがWalgreens Boots Allianceの薬局チェーン、コンビニエンスストアのセブン-イレブン、フェデックス、ダラーゼネラル、LA フィットネスです。

同社は、景気後退やオンライン企業との直接の競争に対抗できるテナント、つまりアマゾン・ドットコムに勝つことのできる小売業者をターゲットにしています。

これらには、100円ショップやドラッグストアのような、低価格の商品を販売する小売業者が含まれます。

ポートフォリオを多様化し、財務基盤が強固なテナントへフォーカスすることで、リアルティ・インカムは地域経済の弱さ、業界固有の課題、および個々のテナントのトラブルから距離を置いています。

リアルティ・インカムの成功のもう1つの要因は、長期のトリプルネットリース契約(テナント側が固定資産税、保険、および維持費を支払う)の締結であり、契約には毎年の年間賃料の引き上げ条項も組み込まれています。

これらすべての要素によって、信頼性が高く、着実に成長する収入の流れが生み出され、当REITの分配金原資となっています。

リアルティ・インカムの過去のパフォーマンス

過去10年間で、リアルティ・インカムの価格は447%のリターンを記録し、S&P 500インデックスの291%のリターンを大きく上回りました。

毎月支払われる分配金は、現在年率換算で3.7%です。

1994年の同REITの上場以来、年間平均で4.6%ずつ増加しています。

20年間で比較すると、リアルティ・インカムのアウトパフォームの規模ははるかに大きいものになります。

過去20年間のトータルリターンは、複利効果もあいまって、1,940%になります。

これは、S&P 500の217%のトータルリターンの約9倍です。

リアルティ・インカム(青)とS&P500インデックス(オレンジ)の20年のトータルリターン推移(単位:%)

優れた小売店舗関連REITであるリアルティ・インカムの10年後は?
(画像=出典:YCHARTS。2019年6月17日時点)

リアルティ・インカムの10年後は?

リアルティ・インカムは2029年になっても堅調なリターンをあげていると考えられます。

この見方を裏付けるポイントは以下の通りです。

勝者は、大抵の場合勝ち続けます。

確かに「過去の実績は将来の結果を保証するものではない」というのは妥当な考え方です。

ただし、長期にわたる堅調なパフォーマンスは、強固なビジネスモデルと強力な経営陣の現れです。

同REITのビジネスモデルは、今後10年間で小売業界が大きく変化する可能性があるにもかかわらず、成功し続けるとの見方があります。

オンラインショッピングの小売総売上高に占める割合は、ほぼ確実に、今日の約10%から増加します。

これは、アマゾンにとって決定的なプラス材料です。

しかし、人々が室内で運動をするのを好み、運動器具が必要である限り、ジムはなくなりません。

また、フローズンドリンクが飲みたいという欲求がなくならない限り、セブン-イレブンは必要でしょう。

さらに、リアルティ・インカムは国際的に拡大しようとしています。

それはポートフォリオを多角化し、リスクを減少させるでしょう。(提供:The Motley Fool Japan

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)
「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Beth McKennaは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、アマゾン株とフェデックス株を保有し、そして推奨しています。