富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

保険貧乏にならないために 必要な保険、いらない保険の整理方法

保険は、保険料と安心感のバランスが難しい傾向です。あらゆる保険に入っていれば安心感は高まりますが、保険料が膨らみ家計を圧迫する心配もあります。保険を効率的に整理する方法として「緊急性があり賠償額の大きいものを優先する」という考え方も方法の一つです。今回は、そのポイントを見てみましょう。

緊急性が高い保険の代表「自動車保険」

保険貧乏,必要な保険,いらない保険
(写真=alice-photo/Shutterstock.com)

保険の見直しをする場合は、緊急性があるものを優先し、逆に代替えが利くものは精査すると効率良く整理できます。例えば、不可抗力で思わぬ事故を起こし、相手に大ケガをさせ数千万から億単位の賠償が必要になるようなリスクがある場合は保険でカバーするのが賢明です。緊急性が高い保険の代表は自動車保険です。

自動車事故では車の全損、標識や信号の破損、死亡事故など被害額・賠償額が多大になるケースもあります。万が一のことがあれば個人で賠償できる範囲を超えることも少なくありません。こういったタイプの保険は、優先して補償を充実させるべきだと言えます。

火災保険や地震保険は優先すべき保険に入る

火災や地震が発生した場合はとても大きな損害になりますので、優先すべき保険と言えます。ただし火災保険や地震保険は、保険会社によって補償内容や保険料が違うことがありますので比較検討することが大切です。また、大きなダメージをカバーしてくれる保険の中で意外に見落としがちなのが個人賠償責任保険です。

例えば、個人賠償保険は自転車に乗っていて人にケガをさせたり、買い物中にお店の高価な花瓶を壊したりした場合などに支払われます。カバーする範囲が幅広いのが魅力です。

緊急性がないもの、代替が利くものは精査が必要

緊急性がなく代替えが利く保険は精査が必要です。このタイプの保険の代表は、学資保険や個人年金保険が考えられます。学資保険は子供が成長する間に積み立てて、高校卒業時に保険料が支払われるのが一般的です。また、途中で契約者が死亡した場合に死亡保険金が出るタイプもあります。保険金は入学金や入学準備金として使えますので、計画通りにいけば役に立つ保険です。

しかし、学資保険が優先すべき保険かというと疑問符が付いてしまうでしょう。懸念する点は2つあります。1つ目は保険としての機能です。通常の死亡保険金の額は千万単位になることもよくありますが、学資保険の場合、戻り金額と同額の百万単位の保険金額しか出ないケースが目立ちます。2つ目は元本割れする可能性がある点です。

途中で解約する場合も元本割れする確率が高いため、解約しにくいというデメリットもあります。資金に余裕がある場合は良いですが、突発的な支出などが必要になった場合、学資保険はネックになるでしょう。個人年金保険も学資保険と同じように途中で解約すると元本割れすることがあり、戻り金額も大きくありません。

学資保険や個人年金保険の代替えとして考えられるのは貯金です。貯金は積み立てながらいつでも引き出せますし、元本も保証されますので十分代替えになるといえるでしょう。

生命保険、医療保険、がん保険は優先度が低い

保険貧乏,必要な保険,いらない保険
(写真=vetre/Shutterstock.com)

その他の保険として生命保険や医療保険、がん保険などがあります。これらは優先度が低い保険と考えられますが子供がいて、かつ貯金が少ない場合、生命保険は優先すべき保険です。ただし不動産投資をしている場合、団体信用保険の加入が融資条件となっている傾向のため、契約者に万が一のことがあったときには生命保険としての役割をします。

そのため、無理に生命保険に入らなくてもよいでしょう。医療保険やがん保険については、万が一医療費が高額になった場合は、国の制度で高額療養費という制度があり、限度内で医療費が支払われ個人負担を大きく抑えることができます。それでも心配な場合は、安い掛け捨ての医療保険などで代替えするとよいでしょう。(提供:Braight Lab

【オススメ記事 Braight Lab】
男1人、人生100年生きるといくらかかる?
30代から始める人生を健康に過ごす「3つの習慣」
人は15年働けば年収が億になる?100万人に1人の逸材になる方法
「不動産投資×プライベートカンパニー」で負担増サラリーマンを脱出する
不動産投資がビジネスマンに向いている三つの理由