富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

企業の成長性を表す「EPS」とは何なのか?注意点も含めて詳しく解説

株に興味を持ち調べていくと難しい単語や数字が沢山でてきます。

あまりにも種類が多く、どの数字を見て行けばいいのか分かりづらいですよね。

そんな時はEPSを調べて、比較してみましょう。

EPSは誰もが知っているような大企業と、上場はしているが規模の小さい企業を、公平に比較できる目安になります。

また、過去のEPSを調べれば、その企業のこれまでの成長性を理解できます。

今回はそんなEPSが何なのか、詳しく解説していきます。

ESPが企業のどんな力を計る目安なのか、EPSから何を知る事が出来るのか、調べる時の注意点なども解説していきます。

この記事を読めば、ESPに関する知識が身に付き、株の世界がより詳しく理解できるようになるはずです。

EPS
(画像=Getty Images)


EPSとは?

EPSとは、1株当たりの純粋な利益です。

Earnings Per Shareの略称で、その企業の株を1つ持っていれば、どれだけ利益が貰えるかが分かります。

投資家にとっては、その企業がどれだけの収益性を持っているのか計る目安になります。

利益や株価も指標となりますが、EPSは1株当たり利益になるため、大企業や中小企業の株価を比較して、どれが有望株なのか見分けが付きやすくなります。


EPSの計算方法

EPSの計算方法は、

税引後当期利益÷発行済み株式数

となります。

例えば、2000万株の株式を発行している会社があるとします。

その年の最終利益が20億円だった場合のEPSは

20億円÷2000万株=100円

となります。

つまり、その企業の株を1つ持っていれば、100円の利益が貰えるという計算になります。


純利益が増加すればEPSも増加する

EPSが変動する理由は主に2つあり、もっとも分かりやすいケースなのは純利益が増加した場合です。

発行している株数が変わらず、純利益が2倍、3倍と伸びれば比例する形でEPSも、2倍、3倍となります。

EPSは、その年の利益がこれまでに発行した株式に対して、どれだけの利益を上げているのかを表しています。

そのため、去年、一昨年のEPSと比べて増加していれば、純利益が増加していると判断できます。

ただし、EPSを増加させる財務テクニックがあります。

単純に純利益が増加しただけでないケースもあるので、注意が必要になります。


EPSを見るときの注意点

EPSは企業の収益性を計り、投資するかどうかを決める大きな要因となります。

それだけに、企業側もEPSを好調に見せるためのテクニックを駆使しています。

今回はその中でも、よくあるテクニックを簡単に紹介します。


企業が資産を売却した場合

純利益は、企業が稼いだ利益から法人税などの必要な支出を差し引いた、純粋な利益です。

そのため、利益自体が伸びていなくても、負債が減った、人件費がカットされた場合でも純利益が増えてEPSが増加する場合もあります。

また、企業が資産を売却した場合でも純利益は増えます。

所有している土地や建物を処分すると、キャッシュが発生します。

そのキャッシュは利益の中に含まれるため、必要な支出を差し引いた当期純利益が結果的に増えます。

一見すると問題ないように思えますが、その土地や建物を購入した時の支出は計算の中に含まれていません。

もしかすると、購入した時に比べて安値で売却した可能性もあります。

トータルで見れば損をしているのに、EPSは当期=その年の純利益だけを切り取って計算するため、損は表面化されません。

このように純利益をコントロールする術はあるため、EPSが増加したからといって、営業成績が良くなったり、企業が好調だから上昇したとは断定できません。


企業の発行済み株式数に変化があった場合

EPSを増加させるもう一つの手法は、発行した株式を減少させる事です。

計算方法が「当期純利益÷発行済み株式数」である以上、発行済み株式数が減れば当期純利益が変化していなくてもEPSは上昇します。

発行済み株式数とは、一般的に株式市場に発行している全ての数を指します。

そのため、自社で市場の株を買うと、発行済み株式数が減っていきます。

他にも株式併合によって発行済み株式数は減少します。

逆に増資や株式分割、新規上場などによって発行済み株式数が増えれば、EPSは小さくなります。

一見、EPSが下がると利益が下がったのかと思いがちですが、増資などを行って発行済み株式数を増やした場合は別の意味を持ちます。

企業が株を増やすのは、何かしらの事業を行うための資金を集めるためです。

つまり、ここから利益を大きくあげる可能性を秘めています。

EPSが下がる事は、必ずしもマイナスとは限りません。

このように、EPSを上昇させるテクニックや要因は様々です。

EPSが上昇したからといって、企業の成績が良くなったことには繋がりません。

EPSだけに着目するのではなく、営業利益の推移なども併せてチェックしましょう。


EPSを見れば企業の成長性がわかる

EPSは1株当たりの利益を表すだけでなく、企業の成長性も分かります。

EPSの計算式は「当期純利益÷発行済み株式数」となっています。

そのため、今年のEPSは今年の利益、去年のEPSは去年の利益から算出されています。

今年に加えて、過去数年分のEPSを比較すれば、その企業がどのように利益を上げているのか、あるいは利益を下げているのかが一目で分かります。

EPSだけで投資するかどうかを決めるのは早計ですが、チェックして分析すると投資する際の重要な情報となります。


まとめ

以上がEPSの解説になります。

企業の事を知ろうとするほど、色々な単語や数字が待ち構えています。

勉強し始めは難しく感じるかもしれませんが、一歩ずつ学んでいくと、企業だけでなく経済全体の流れも理解できるようになります。

今回の記事を読んで、投資への理解が深まれば幸いです。(提供:The Motley Fool Japan



フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。