富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

仮想通貨を購入する2つの手段、販売所と取引所とは?

「仮想通貨を購入して投資を始めてみたい!」

そう考えたときの選択肢は2つ、「販売所」あるいは「取引所」で購入することです。

マイニングという手段で仮想通貨を手に入れることもできますが、高い演算機能を持つコンピューターや莫大な消費電力が必要となるため、手軽ではありません。

今回の記事では、仮想通貨の販売所と取引所の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて説明していきます。

仮想通貨を購入する前にチェックしておきましょう。

なお、モトリーフール・ジャパンでは仮想通貨による短期トレードを推奨してはおりませんので、ご留意ください。

加増通貨
(画像=Getty Images)

仮想通貨の販売所と取引所の違いは?

仮想通貨の販売所と取引所の共通点は、「仮想通貨の売買ができる」という点です。

ですので、どちらを選んでも仮想通貨を手に入れることはできます。

販売所と取引所の最大の違いは、成行注文か指値注文であるか、という点です。

また、手数料や購入できるタイミング、取扱通貨の種類といった細かな点にも違いがあります。

あなたの目的によって選ぶべき場所が変わってきますので、販売所と取引所の違いをチェックしていきましょう。

販売所

販売所では、仮想通貨を販売業者から購入できますが、成行注文しかできません。

販売所がその時点で提示している値段で売買をすることになります。

そのかわり、いつでも好きなときに好きな量だけ取引が行なえます。

有名な販売業者は国内ではコインチェックやビットフライヤー、海外ではBinanceやBitMEXです。

販売所によって手数料や取扱通貨の種類が異なります。

取引所

対する取引所では「板」を利用して、他のユーザーから仮想通貨を購入することができます。

板とは証券取引に由来する言葉です。

現代のようなコンピューターでの取引が行われる以前は、黒板に注文控えが書かれており、その名残で現在も銘柄別の注文控えを板と呼んでいます。

板取引とはざっくり言えば「この値段で買いたい!(または売りたい!)」、というユーザー同士をマッチングさせる場です。

ですので、取引が盛んに行われる通貨であれば希望する価格で購入するハードルが低いです。

しかし、取引が少ない通貨であれば買いたくても買えない(売りたくても売れない)状況が発生することもあります。

取引所も販売所同様に、業者によって手数料や取扱通貨の種類に違いがありますので、複数の業者を比較しておきましょう。

将来の価格上昇が見込まれるが現在はマイナーな仮想通貨、いわゆる「草コイン」は海外取引所でのみ取り扱っている場合が多いです。

海外取引所は日本語対応していなかったり、税金の計算がややこしかったりとハードルが高めなので注意しましょう。

仮想通貨の販売所と取引所それぞれのメリット・デメリット

次に仮想通貨の販売所と取引所のそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

使用目的によって販売所と取引所のどちらが適しているのかが変わってきます。

販売所のメリット

販売所のメリットは、「欲しい仮想通貨を好きなタイミングで、好きな量だけ購入できる」という点です。

すでに販売所にストックしてある仮想通貨を購入するため、取引が非常にスムーズに進みます。

また、スマホアプリに対応している販売所は視覚的にもわかりやすく、数回タップして希望の金額を入力するだけで取引が完了します。

例えば、コインチェックのアプリであれば、「購入したい仮想通貨を選択」→「購入」→「金額を入力」→「確認」といった流れです。

販売所のデメリット

販売所のデメリットは、なんといっても「手数料(スプレッド)の高さ」です。

スプレッドとは、購入金額と売却金額の差額であり、その差額を販売所に手数料として支払っています。

つまり、販売所で仮想通貨を購入した時点で手数料を抜かれていることになりますので、マイナスを背負った状態になってしまうのです。

スプレッドは購入金額に対して一定の割合で引かれますので、金額が大きくなればなるほど大きな損失が発生します。

取引所のメリット

取引所のメリットは「手数料(スプレッド)の低さ」です。

業者によって手数料は異なりますが、販売所と比較すると明らかに安く済みます。

指値注文か成行注文かも選択できますので、自分あった取引が可能です。

また、海外の取引所であれば草コインも扱っているため、草コインを購入したい場合にも便利といえます。

取引所のデメリット

取引所のデメリットは、「タイミングによっては取引が成立しない」ことです。

取引所で行われている板取引の性質上、売買したいユーザー同士がマッチングしなければ取引が成立しません。

これは売買したい仮想通貨の流通量やユーザー数によって変化します。

買いたいときに買えず、売りたいときに売れないと機会損失をしたり、損失を膨らませてしまったりする結果になりかねません。

ですので、取引所を選ぶ際には取引したい仮想通貨の流通量のチェックが必要です。

仮想通貨に投資したい場合はどちらを使えばいい?

販売所と取引所のどちらにもメリット・デメリットがありますので、使用目的に応じて適した方を選択する必要があります。

まず、「初心者でまだ何もわからないけど、とりあえず仮想通貨に触れてみたい!」という初心者の方であれば、販売所で少額投資から始めるのがおすすめです。

スプレッドによる損失は発生しますが、少額であればそれほど気にすることもありません。

仮想通貨投資の経験を積むことを優先させていくべきでしょう。

一方で、「仮想通貨についてある程度知識がついたから、本格的に投資していきたい!」という中級者以上の方は、迷わず取引所を選択しましょう。

これは他の金融商品にも当てはまりますが、手数料の違いは投資成績に直結するからです。

特に、仮想通貨取引の販売所と取引所の手数料の違いは明らかですので、本格的に仮想通貨投資をする場合は取引所を使うのがベターと言えます。

また、定額積立サービスを行っている取引所もあり、長期の分散投資をしたい方にもおすすめです。

ですので、結論は以下のようになります。

  • とりあえず仮想通貨に触れてみたい初心者には、シンプルで簡単な販売所がおすすめ
  • 本格的に仮想通貨投資に取り組みたい中級者以上の方には、手数料が安い取引所がおすすめ

まとめ

販売所と取引所の違いを知らずに、手数料で損をしてしまう仮想通貨投資家は意外と多いものです。

それぞれの違いを理解し、自分のレベルに合っている方を選択していきましょう。(提供:The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。