富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

人生の成功者が人間関係を見切るポイントとは

人間関係は、一度構築するとその後は長らく関係が続くケースが多いです。職場などでも、最後まで面倒を見ようと尽力するシーンはよく見られます。しかし、人間関係において見切り力も重要。今回は成功者が人間関係を見切るポイントについて考えていきます。

gettyimages (42818)

2019.7.25
人間関係は、その関係がはじまる最初の一歩で「その後の関係を築くかどうか」見極めている人も多いのではないでしょうか?今回は、人間関係の達人ともいえる人生の成功者が人間関係を見切るポイントはどこなのか、考えていきます。

人脈が多いほど取捨選択も必要に

Network Businessmen Circuit - Free image on Pixabay (42821)

人間関係は、プライベートはもちろんビジネスシーンでも非常に重要な要素を持ちます。特にビジネスでは仕事内容や成果などにも影響する可能性があるため、避けて通ることはできないポイントです。

人間関係は一度関係を築けば、その後はある程度長期にわたり関係が続いていく可能性があります。というのも、はじめの段階で関係を築くだけの要素を持ち合わせていると見極めているためです。
しかし活動するフィールドが広がるほどに、その人間関係も幅広く多岐にわたっていきます。すべての人と等しく関係を築くことは、キャパシティ面から考えても難しいこと。そのため、人脈が広がり多様化するほどに、取捨選択も必要になってくるといえるでしょう。

仕事ができる人だから人間関係が長く続くわけではない

Agreement Beard Beverage - Free photo on Pixabay (42825)

ビジネスシーンでは、「仕事ができる=人間関係を築く」というケースもあるでしょう。しかし、こういった場合、その職場などでの仕事関係がなくなれば、あっという間に人間関係は失われてしまう可能性が高いです。

そもそも人間関係とは、仕事ができるかどうかで見極めるものではありません。というのも、人間関係は相性的な部分も大きく影響します。たとえビジネスシーンで重要となるはずの相手でも、相性が悪ければどちらかが配慮する努力は欠かせません。

では、どういった相手であれば人間関係が長く続けることができるのでしょうか?

いかに気持ちのよい人間関係が築けるかが重要

Business Lady Woman - Free photo on Pixabay (42828)

人生の成功者となれば、おのずとつながりを持とうと画策する人間が近づいてくるケースも少なくありません。この場合、仕事ができる・ビジネスシーンで双方に有益である・専門的な知識を持っているので必要な人であるなど、ビジネス上欠かせないスキルを持った人もいるでしょう。

しかしここで人間関係を築くポイントは、「一緒にいて気持ちがいいかどうか」「楽しい空間を共有できるかどうか」が重要になってきます。特に人生の成功者は多くの人脈を持つため、スキル面では相応の人が複数いたとしても、「気が合う」「一緒にいて楽しい」「話が弾む」といった要素で人間関係を深めていくケースも多いのです。

ビジネスでこそドライではなく密度の濃い関係が重要に

Winning Motivation Succeed - Free photo on Pixabay (42831)

ビジネスが絡む関係では、非常にドライで冷たいと感じる場面も多いでしょう。実際のところ、人生の成功者や経営者などの多くは、人間関係においてとてもドライです。一方で、一度関係を構築すれば「一生」にわたり末長く交流を深めていく成功者が多いもの。見限ってしまうことはほとんどないのです。

たとえば双方に深く信頼できる人間関係ができていれば、ビジネスで失敗があっても目をつむります。そして復活の機会を与え、最後までその手を放すことはありません。これは上下関係の有無に関わらず、密度の濃い人間関係が保たれている場合にはよくあることです。
昔の人ほど、地域や知り合いなど人間関係を大切にしてきたイメージがあります。しかし、近年の情報社会にあっても、「義理人情」は非常に大切だと考えさせられます。

初対面での「雑談」を安易にとらえないこと

Cup Restaurant Drinks - Free photo on Pixabay (42835)

ビジネスシーンでは、人間関係のはじまりは非常にドライなのかもしれません。しかし、初対面での見極めで「この人」と思われる要素があれば、その深い人間関係の輪の中に入ることは可能です。

人生の成功者ほど人の見極め・見る目は冴えわたっています。なかでも人間関係で非常に重要なのは「初対面での対応」。雑談など思わぬところで人間力を試されているケースも多いです。相手を心地よくさせるビジネスマナーはもちろん、柔軟な会話力・魅力ある人柄を表現するスキルが必要です。
ビジネスシーンで重要なキーパーソンを引きつけるのは、単純に仕事面でのスキルだけでなく、ひとりの人間としての魅力が欠かせません。

湊音

湊音

元総務・人事キャリアを持つフリーライター。これまでの経験を活かし、「仕事」「働き方」などのテーマを中心に執筆活動中。女性がのびのびと多様な働き方を実現できるべく、常に新しい情報をキャッチしています。

元のページを表示 ≫

関連する記事