富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

五十嵐カノア選手、サーフィン世界最高峰の戦いで日本人勢初の優勝。東京五輪でメダルの期待

インドネシアで開かれているサーフィン世界最高峰の戦い、チャンピオンシップツアーで、五十嵐カノア選手(木下グループ)が日本人としては初めて優勝した。

ワールドサーフリーグの公式Twitterが伝えた。

アップされた動画で五十嵐選手は、「今日は最高の1日です」と喜びを語っている。

■五十嵐カノア選手とは

所属するマネジメント事務所のプロフィールによると、五十嵐選手はアメリカ・カリフォルニア州出身の21歳。父親が地元のビーチで波に乗る姿を見て育ち、3歳の頃に自身もサーフィンを始めたという。

アメリカの18歳以下の大会を14歳で制するなど、抜きん出た才能の持ち主で、2019年にはサーフィン日本代表にも選出されている

サーフィンは2020年の東京オリンピックから競技種目として採用され、五十嵐選手にはメダルの期待もかかっている。